1. 健康チョキンTOP
  2. よくある悩み
  3. 更年期
  4. ≫誰でも可能性あり!若年性更年期障害の原因と対策まとめ

誰でも可能性あり!若年性更年期障害の原因と対策まとめ

  • 公開日:2016年7月22日
  • 最終更新日:2016年11月14日

若年性更年期障害

こんにちは。
サプリメントマイスターのkeikoです。

最近、タレントの川村ひかるさんが告白したことで急浮上してきた「若年性更年期障害」


私もおおよそ同じ世代なので、気になるキーワードですし、実際、若年性更年期障害と診断される女性が増えてきているのも事実のようです。


そこで、若年性更年期障害についていろいろと調べてみることにしました。原因やその症状、どんな人がなりやすいのか、対策等をまとめていきます。

その後、川村ひかるさんは若年性更年期障害を克服され、赤ちゃんを妊娠されたそうです!おめでたいですね!

 

1.若年性更年期障害とは?

若年性更年期とは、20~30代の女性で生理不順が起きたり、無月経になったり、更年期障害と同じような不調が発生することを指しています。

 

若年性更年期障害は、いわゆる更年期障害とは違うの?

閉経前後の各5年を「更年期」と呼びます。


閉経が近づくにつれて、卵巣から分泌される女性ホルモンが減少し、それでも脳が、分泌を促し続けることにより、カラダの中でパニックが起きるのがいわゆる「更年期障害」。

更年期障害の仕組み


若年性更年期障害は、この「更年期障害」が早まったということではなく、過度なストレスや過激なダイエット、飲酒や寝不足、喫煙などが原因で自律神経のバランスが崩れ、それにより正常にホルモンが分泌されなくなることで症状があらわれると言われています。



実際には、20~30代で閉経するということは稀ですので、きちんと生活習慣を見直したり、必要な治療を行ったりすることで、改善していきましょう。

放置してしまうことの方が、今後いろいろと危険がいっぱいです。

例えばここでしっかり対処しなかったせいで将来的に妊娠しづらくなってしまったり、なにか婦人系の病気にかかってしまうことも考えられます。

将来を考え、今からきちんと自分のカラダを整えていきましょう。

 

2.若年性更年期障害の具体的な症状とは?

若年性更年期障害の具体的な症状をまとめました。

★若年性更年期障害の症状★

□生理不順や無月経が続いている
□小さなことですぐにくよくよしてしまう
□イライラする頻度が多い
□眠りが浅かったり、寝つきが悪かったりする
□常に不安感や焦燥感がある
□めまいや耳鳴りがする
□急に顔がほてったりのぼせたりする
□手足が冷える
□抜け毛の量が増える
□記憶力が悪くなる
□動悸や息切れがある
□ドライアイもしくはドライマウスがひどい
□関節が痛む


上記の症状で3つ以上あてはまり、さらにその症状が重い場合は、若年性更年期障害である可能性があります。

 

3.若年性更年期障害の原因は?

若年性更年期障害の原因は、


・仕事や人間関係などで過度なストレスがかかっている
・慢性的な睡眠不足
・暴飲暴食
・過度なダイエット
・太りすぎている
・喫煙
・アルコール
・食生活の乱れ



このあたりだと言われています。

つまり、何か明確な原因があるというよりは、日頃の「生活習慣」によって、引き起こされるということですね。


20~30代はまだまだ体力もありますし、女性は責任感が強い特性もあるため、自分が思っている以上にカラダを酷使しがちです。


そうやって、自分では気づかないうちに小さな不定愁訴が積りにつもって症状として表れるのです。


ですから、「自分はそれには該当しない」と人ごとのようにとらえるのではなく、日々の生活習慣をしっかり見直すことがとても重要ですね。

 

4.若年性更年期障害になりやすい人の特徴

若年性更年期障害になりやすい人

どんな人が若年性更年期障害になりやすいのでしょうか?1つでもあてはまるものがあれば、その可能性があると捉えていきましょう。

 

>>完璧主義・まじめ・几帳面な人

こういったタイプの人はストレスを抱えこみやすいため、発症しやすいと
言われていますが、女性はこのタイプが多いように思うので、大概の人は
その可能性があると思っていた方が良いでしょう。 

 

>>激しい運動をする人

女性アスリートなど、厳しいトレーニングや食事制限などでカラダを追い込んでいる人はホルモンバランスが崩れやすいと言われています。

 

>>喫煙する人

タバコを吸う人は、やはりホルモンがきちんと分泌されにくいと言われています。本当に喫煙は「百害あって一利なし」です。

 

>>痩せすぎor太りすぎ

過度なダイエットで痩せすぎていたり、逆に太りすぎていたりすることでやはり自律神経のバランスが取れなくなり、ホルモン分泌に悪影響を与えます。

 

>>生活習慣や食生活が乱れている人

仕事が忙しく寝る時間が少なかったり、外食ばかり、食べる時間は深夜など、毎日の規則正しい生活ができていない女性は、やはりホルモンバランスが崩れていることが多いです。

 

 

5.セルフメディケーションで若年性更年期障害を改善!

おそらくこの現代社会で、上述した「若年性更年期障害になりやすい人」に該当しない人の方が少ないでしょう。


自覚症状がある場合も、そうでない場合も、以下の対策をしっかりとっていきましょう。全ての対策を一気に取り入れることは難しいでしょうから、取り入れやすいものから、少しずつでもいいので改善していきましょう。

 

★睡眠編★

毎日6時間以上の睡眠時間を確保!

睡眠枕を持つ女性


日中フル稼働していたカラダを休めたり、傷ついた細胞を修復したり、
脳を休めたりと、睡眠は私たちにとって最も大事な生活習慣です。

タレントの川村ひかるさんも、1時間でも多く睡眠時間を確保していたそうですよ。

就寝前にリラックスする

睡眠環境を整える女性


交感神経を刺激するような、PC、スマホ、テレビをするのは避け、リラックスをした状態でベッドへ入るようにしましょう。

睡眠の質を高めるための具体的な方法はこちらから!

★食事編★

 

刺激が強い食事を避ける

唐辛子

激辛モノが好物の女性も多いですよね。でもカラダにとってはあまり良くないかもしれません…。ほどほどにしましょう。

 

冷たい飲み物を避ける

水

カラダを冷やすと内臓の働きが鈍くなってしまいますし、特に卵巣は温まった状態できちんと働くと言われています。冷たい飲み物はやめて常温にするなど、意識していきましょう。

 

トリプトファンを食事から摂る

ビタミンDを含む食材

トリプトファンとは、私たちに必要とされている必須アミノ酸のうちの1つです。このトリプトファンが代謝されることでできるのが「セトロニン」というホルモン。セロトニンは、イライラを抑えてくれる働きがあるのです。

 

トリプトファンが豊富な食品


:かつお 

:しいたけ 

:こんぶ 

:いりこ(小魚) 

:ナッツ類

それから、「バナナ」もトリプトファンが多く含まれる果物です。


「かしこいなバナナ」のキーワードで覚え、食事に積極的に取りいれていきましょう。

 

亜鉛を食事から摂る

生牡蠣

 

亜鉛はホルモンの合成、分泌に大きな役割を果たしています。「卵巣」に働きかけてくれる重要なミネラルなのです。

<亜鉛が含まれる食品>※食品100g当たりの亜鉛含有量

生牡蠣:13.2
豚肉(レバー):6.9
牛肉(肩):4.9

 

大豆製品を食事から摂る

味噌・醤油

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすると言われています。

 

ビタミンCを2~3時間おきにこまめに摂る

remon


ちょっとしたストレスを感じるだけで、体内のビタミンCは大量に消費されます。こまめに摂ることでストレスに負けないチカラを蓄えましょう。

 

★その他生活習慣編★

BMI22をキープする

コレステロールを気にする女性

やせすぎていることも、太りすぎていることも若年性更年期障害の原因になります。ベストはBMI22をキープすることです。

BMIの計算方法
BMI= 体重kg ÷ (身長m)× (身長m)


まずは毎日同じ時間帯(朝、トイレに行った後がおすすめ)に体重を測るところから始めましょう。
継続して体重を測ることで、太りすぎの人はこれ以上の体重増加に歯止めがきくようになりますよ!

 

温活を心がける

湯たんぽ

・浴槽に毎日つかる

・朝起きがけに白湯を飲む

・寝るときは湯たんぽを入れて足元を温める

・オフィスではひざ掛けをして足元を温める

etc

 

 

カラダのめぐりをよくするためにも、常にカラダを冷えさせないことが大事!「温活」を心がけていくことで自律神経が整い、ホルモンがきちんと分泌される状態につながりますよ。

★サプリメント編★

食事、睡眠、生活習慣をきちんと見直しつつ、サプリメントを上手に活用していくことで、若年性更年期障害をセルフメディケーションしていきましょう。

 

 

 

 

6.若年性更年期障害を改善するための治療

若年性更年期障害の症状が重度の場合は、医師やその他専門家にきちんと相談して対処していきましょう。

 

★漢方編★

漢方

漢方薬は、女性ホルモンの乱れによる不調が実は得意分野。体質そのものを改善することをサポートしてくれます。

★悩み別おすすめ漢方薬★

虚弱体質・貧血・めまい等:当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

ホットフラッシュ・のぼせ等:桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

肩こり・疲労感・不安感等:加味逍遥散(かみしょうようさん)

体質改善は、1~2日でできるものではありません。最低でも3ヶ月は続けていきましょう。

 

★薬編★

病院へ行き、医師の判断の元処方してもらいましょう。

病院で処方される可能性がある薬

・低用量ピル

・ホルモン補充療法

・プラセンタ注射

7.まとめ

ABCの法則
若年性更年期障害の原因や対策について調べることでわかったことは

若年性更年期障害は、

  • 「規則正しい生活習慣」が非常に重要
  • 誰しもがなる可能性がある

ということです。

生活習慣により起きた不調は、実は、しっかり生活習慣を見直すことでしか対処できなかったりします。

タレントの川村ひかるさんは「ABCの法則」に則って対策を講じ、若年性更年期障害を克服したそうです。

「ABCの法則」とは

:当たり前のことを
:バカにせず
:ちゃんとやる

 

だそうです。どれだけ、あたりまえのことをバカにせずきちんとできるかが肝になってきますね。

今から、始められるものはすぐ取り入れていきましょう!

 

以上、“誰でも可能性あり!若年性更年期障害の原因と対策まとめ” でした!

 

(参考文献)
・『カラダにいいこと大全』/医学博士小池弘人監修/サンクチュアリ出版
マガジンハウスムックドクタークロワッサン自律神経が整えば健康になる/株式会社マガジンハウス
・日経ヘルス2015年12月号/日経BPマーケティング
The following two tabs change content below.
KEIKO
■30代独身女性 サプリメントマイスターの資格を保有。予防医療診断士、資格取得に向けて勉強中。 自分自身が病気になったことをきっかけに、健康について改めて勉強し始める。 そうして、「自然治癒力」を高めて自分自身であらかじめ病気にならないような体づくりを意識し、生活を送る。また女性特有の悩みも増えてくる年代に差し掛かってきたため、女性に向けてより役に立てるような情報発信を心がける。 食生活、運動、そしてサプリメントなど健康にまつわる情報は、常に最新のものを仕入れ、まずは実践している。

この記事に関連するキーワード :