1. 健康チョキンTOP
  2. よくある悩み
  3. その他
  4. ≫ 【徹底解説!】ドライアイの原因は? 対策は? ブルーベリーって効果はあるの?

【徹底解説!】ドライアイの原因は? 対策は? ブルーベリーって効果はあるの?

1.まずはじめに

ドライアイ・眼精疲労

 

ドライアイとは、涙の量の減少や質の変化により、目の表面の潤いが減ってしまった状態のことです。実は、オフィスで働く3人に1人がドライアイだとも言われています。

 

今回の記事は、ドライアイで悩んでいる方に向けて、以下の2点を中心に紹介していきます。

 

check!

そんなドライアイの原因と対策は?

また、目に良いと言われるブルーベリーの効果とは?

 

ドライアイを防ぐための良い生活習慣を様々な角度からご案内します。

 

2.そもそも「ドライアイ」とはどんな症状? 増えているのはなぜ?<まずはセルフチェック!>

疲れ目の女性

現在2,200万人もの患者がいると言われるドライアイ。最近目がかすむ、疲れるという症状がある場合はドライアイを疑っても良いでしょう。

 

自分はどうなのか?まずはセルフチェックをしてみましょう!

 

2-1.次の項目で該当する症状はいくつありますか?

 


イエローカード

□目が疲れやすい
□目が乾いた感じがする
□ものがかすんで見える
□目に不快感がある
□目が痛い
□目が赤い
□目が重たい感じがする
□涙が出やすくなった
□目がかゆい
□以前より、光を見るとまぶしく感じるようになった
□目がごろごろする
□めやにが増えた気がする

 

2-2.10秒間チェックで今チェックしてみる!


Q.10秒間、瞬きをしないで目を開けていられますか?

目

 

上記のチェック項目の中で5つ以上あてはまる人、または、5秒間以上開けていられなかった場合ドライアイの可能性が大です。眼科の受診をおすすめします。

 

Q.ではなぜ、ドライアイは引き起こるのでしょうか。

Q&A

もっとも大きな原因は、スマートフォンやパソコン作業でモニター画面を見る時間が多くなったからと言われています。人間はまばたきするごとに、目全体に涙が行き渡り適度な潤いを保っています。パソコン作業などは自然とまばたきをする回数が減ってしまい、目が乾いてしまうのです。

 

また、乾燥した空間ではドライアイが悪化する傾向にあります。エアコンの吹き出し口にあたるところなどで長時間作業をすると、知らず知らずのうちにドライアイの症状を悪化させてしまいます。

 

コンタクトレンズ


コンタクトレンズを使用している人も、ドライアイの症状が出ている割合が多くみられます。そのほか、運転をよくする人、加齢、白内障や角膜の手術後、涙腺の病気など実に様々な要因からドライアイは引き起こされることがわかっています。

 

3.ドライアイを撃退するには? 生活習慣で気をつけるべきこと

目を閉じる女性


それでは、ドライアイの症状を緩和させるのにはどのようなことに気をけたら良いのでしょうか?

 

仕事でよくパソコンを使う人、スマートフォンを操作する時間が多い人は、夢中なるとついつい長時間ということも。しっかり目の休憩時間をとるように心がけましょう。1時間に10分は目を休め、また、意識的にまばたきをすることも効果的です。

 

エアコン

 

季節を問わずエアコンを使用することの多い人は、加湿器を置く、濡れタオルを近くに置くなどして適度な湿度を保つようにしましょう。涙の蒸発を防ぎます。タバコの煙もドライアイを誘発させると言われています。

 

深呼吸する女性

 

また、ストレスもドライアイの原因の可能性があります。涙の分泌が少なくなり、まばたきも減ってしまうのです。疲れを溜めず、上手にストレスを発散させることは、ドライアイ予防にも有効です。

 

4.ドライアイには目薬も活躍。しかし、使い方に注意!

目薬をさす女性

 

ドライアイ予防用の目薬もあります。眼科で処方してもらったものは、医師が症状に合わせて使用を薦めるものなので、当然安心して使えます。適切な使い方をすれば症状も改善されるでしょう。

 

薬局で購入できる点眼薬や目専用の洗浄剤もあり、目が乾いている、疲れているなど症状が気になった時に気軽に使える利点があります。

 

<POINT!>

指を指している女性

 

一方で、市販薬は使い方を間違えるとかえって症状を悪化させることがあるので注意が必要です。清涼感を感じられるための成分や、防腐剤などが入っているものは人によっては刺激が強いこともあります。また、乱用すると自分自身の涙も流してしまうことにつながってしまうので、使う回数や頻度は規定を超えないようにしましょう。

 

 

5.栄養面ではビタミンAとビタミンB1が大切です

野菜とビタミンなどの栄養素

目の働きに効く栄養素はいくつかありますが、ビタミンAが不足してしまうと暗いところが見えにくくなり、角膜の透明度が低下したり、炎症を起こしてしまう症状が見られることもあります。ビタミンAはにんじん、小松菜などの緑黄色野菜、レバーなどに多く含まれています。

 

目の疲れを解消して、視力にも良いのはビタミンB。ビタミンB1は、豆類や米、豚肉に、ビタミンB12は、いくらやしじみなどに多く含まれています。

 

6.目に良いと言われるブルーベリーはドライアイに効くの?

ブルーベリー


目に良いと言われる食物の代表選手がブルーベリー海外ではその効果から、ブルーベリーを医薬品と認めている国が多々あるのをご存じですか?

 

ブルーベリーの濃い紫色は、ブルーベリーに多く含まれている水溶性のアントシアニンという色素によるもので、アントシアニンは目に良い成分が含まれていると言われています。

 

column

かつて第二次世界大戦中に夜間飛行をしていたイギリス軍パイロットの一人は、ブルーベリーが大好物でブルーベリーのジャムをたっぷりつけたパンを毎日食べていたそうです。薄暗い中でも回りがよく見えたという彼の証言から、化学者たちが研究を重ね、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目の働きを促す可能性があることがわかりました。


その後もヨーロッパでは研究・臨床試験が数多く行われ、イタリアでは1976年にブルーベリーの医薬品としての製造が承認されました。今ではヨーロッパのそのほかの国や韓国、ニュージーランドなどがブルーベリーのアントシアニン色素から医療品を多々製造しています。

 

7.最後に

白樺の木


現代の多くの人が悩まされているドライアイ。しっかり目を休息させることに加えて、ドライアイに効く可能性のある食物を積極的に食べることも予防に有効です。今日から早速始めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
はるか
■20代/女性/ライター/「痩せたい」が口癖!健康のためには睡眠と運動が最も大切だと思っています。まだまだ勉強中ですが、少しでも有益な情報を全力でお届けしていきたいと思っています!みなさんと一緒に健康になれたら嬉しいです!

この記事に関連するキーワード :