1. 健康チョキンTOP
  2. 健康食品・健康成分について調べる
  3. アミノ酸
  4. ≫ 【管理栄養士が解説!】アミノ酸の基礎知識

【管理栄養士が解説!】アミノ酸の基礎知識

  • 最終更新日:2018年6月13日
  • 102ビュー

 

管理栄養士が伝授!アミノ酸基礎知識

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

管理栄養士 山本ともよ  (株式会社とらうべ)

※本記事は、管理栄養士の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

日常生活のさまざまな場面で「アミノ酸」は活用されています。

 

たとえば、スポーツでの筋力アップのサポートや美容のためのサプリメントは有名です。

 

お料理をする人は、うま味成分をイメージするかもしれません。

 

しかし、アミノ酸がどういうものなのかはあまり知られていません。

 

アミノ酸を詳しく知ると、日常生活の多くの場面や健康のために活用することができます。

 

アミノ酸について詳しく見ていきましょう。

 

2.アミノ酸の正体

アミノ酸の正体と管理栄養士がいっている画像

 

たんぱく質は、血管や筋肉、臓器、髪の毛、爪など、ヒトの身体の主成分です。

 

また、身体が働くためのホルモンや血液の成分でもあり、生命を支える重要な栄養素であることはいうまでもありません。

 

たんぱく質はアミノ酸が100個以上連なった形で構成されています。

 

たんぱく質の種類は、結合するアミノ酸の種類、数、配列の順番によって決定され、働きも異なります。

 

たんぱく質はアミノ酸が100個以上重なった形で構成されている

 

そのことがわかる一例に、赤血球の病気があります。

 

血液の成分である赤血球を構成するアミノ酸である「グルタミン酸」が突然変異で「バリン」に変わってしまうと、円盤状の赤血球が鎌形になってしまう「鎌状赤血球貧血症(かまじょうせっけっきゅうひんけつしょう)」を引き起こします。

 

酸素が少なくなると赤血球が鎌状に変わり、血流が悪くなってしまう病気です。

 

また、アミノ酸単体でもそれぞれ働きがあります。

 

そのすべての働きによって生命が維持されているため、ひとつとして欠かすことができないのです。

 

ちなみに、アミノ酸は身体に蓄えておくことができません。ですから、毎日摂る必要があります

 

一般的に、食事としてたんぱく質を口から摂ると、消化の過程で分解され、最小単位のアミノ酸として吸収されます。

 

たんぱく質の消化吸収にはおおよそ5~6時間かかります。

 

体内に入ると、アミノ酸単体として利用されるものもあれば、再度結合し、たんぱく質として利用されるものもあります。

 

つまり、摂取したたんぱく質が体内でも同じたんぱく質として利用されるのではなく、アミノ酸が体内で必要に応じて、アミノ酸単体やたんぱく質に変化して働いているのです。

 

アミノ酸として摂る場合の吸収は30分~1時間と速く、体内で働くのも早くなります。

 

摂取したたんぱく質が体内でも同じたんぱく質として利用されるのではなく、アミノ酸が体内で必要に応じて、アミノ酸単体やたんぱく質に変化して働いている

 

では、たんぱく質とアミノ酸、どちらの形で摂る方が良いのでしょうか?

 

それは、目的によって違います。

 

たとえば、満遍なくアミノ酸を摂り、身体に必要な働きを得るためには、時間はかかってもたんぱく質で摂ることが有効です。

 

一方、即効性を重視するのであれば特定のアミノ酸で摂る方が効果的です。

 

つまり、目的に応じて形やタイミングを考慮して摂ることが効率的な摂取の仕方といえます。

 

3.アミノ酸の種類

アミノ酸の種類

 

ヒトの身体を作っているアミノ酸は20種類あります。

 

そのうち、体内で合成することができないものを「必須アミノ酸」体内で合成することが可能なものを「非必須アミノ酸」といいます。

 

★必須アミノ酸

トリプトファン、フェニルアラニン、リジン、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、スレオニン、ヒスチジンの9種類

 

体内で合成することができないため、食事から摂る必要がある

 

★非必須アミノ酸

アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、グリシン、グルタミン、グルタミン酸、チロシン、プロリン、セリン、システインの11種類

 

体内で合成できるが、栄養バランスが乱れると、十分に合成されずに不足する。

 

4.たんぱく質に含まれないアミノ酸

たんぱく質に含まれないアミノ酸

 

前項で紹介した20種類のアミノ酸のほかにも、体内にはさまざまなアミノ酸が存在します。

 

その一例を紹介します。

 

●ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリシン、デスモシン

コラーゲンの成分となる

 

●オルニチン、シトルリン

有害物質を排出するための反応に必要な成分となる

 

●カルニチン

脂肪酸代謝に必要

 

●クレアチン

筋肉の成分となる

 

●GABA

脳内神経伝達物質

 

●テアニン

お茶の旨み成分

 

耳にしたことがある成分もあるのではないでしょうか?

 

アミノ酸は、身近な食品やスキンケア製品などに広く利用されているのです。

 

5.アミノ酸の働き

アミノ酸の働き

 

アミノ酸の種類によって働きが異なることをお伝えしましたが、具体的にどのような働きをするのか見ていきましょう。

 

●アルギニン・システイン、プロリンなど

肌や髪の毛、爪の生成や健康維持

 

●グリシン、アラニン、セリンなど

肌の保湿

 

●アルギニン・グルタミンなど

免疫力アップ

 

●トリプトファン・チロシンなど

脳内神経伝達物質として心身の機能をコントロール

 

●アルギニン・オルニチン・チロシンなど

脂肪燃焼のサポート

 

●アルギニン・グルタミン酸など

疲労回復

 

●グリシン・トリプトファンなど

睡眠の促進

 

●アラニン・グルタミンなど

肝臓の働きのサポート

 

これは一例であり、アミノ酸は身体のさまざまな働きを担っているのです。

 

アミノ酸として摂ると吸収が速いので、期待したい効果があれば、そのタイミングに合わせて30~1時間前後に摂取するといいでしょう。

 

ただし、先にも述べたように、体内に吸収されたアミノ酸は、必要に応じてアミノ酸またはたんぱく質に形を変えて必要な働きをします。

 

ですから、効果を期待するのであれば、食事でのたんぱく質を十分に摂った上で、目的に応じてアミノ酸を摂ることが大切です。

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:管理栄養士 山本ともよ
株式会社とらうべ所属

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

The following two tabs change content below.
山本ともよ

山本ともよ

【保有資格:管理栄養士】栄養の情報は世にあふれています。身近なことだからこそ、正しい情報をわかりやすく伝えることを心がけています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. 健康食品・健康成分について調べる
  3. アミノ酸
  4. ≫ 【管理栄養士が解説!】アミノ酸の基礎知識