1. 健康チョキンTOP
  2. 健康食品・健康成分について調べる
  3. イソフラボン
  4. ≫ 【管理栄養士が解説!】イソフラボンの女性への効果って?

【管理栄養士が解説!】イソフラボンの女性への効果って?

  • 最終更新日:2018年6月13日
  • 53ビュー

 

管理栄養士が解説!イソフラボンの女性への効果って?と管理栄養士が言っている画像

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

管理栄養士 山本ともよ  (株式会社とらうべ)

株式会社 とらうべ 社員。企業で働く人の食と健康指導。糖尿病など疾病をもった人の食生活指導など活動中。

※本記事は、管理栄養士の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

女性が摂りたい栄養素として知られているイソフラボン。

 

美容にも良い」と聞き、食生活に取り入れようと考えている人もいるかもしれません。

 

そんな方のために、イソフラボンの女性への効果について解説していきます。

 

2.イソフラボンと女性ホルモンの関係

イソフラボンと女性ホルモンの関係と管理栄養士が言っている画像

 

イソフラボンは、マメ科の植物に含まれるポリフェノールの一種です。

 

イソフラボンを語る上では女性ホルモンとの関係が欠かせません。

 

イソフラボンは、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と似た構造をしていて、その働きもよく似ています。

 

このエストロゲンによく似た働きのことを「エストロゲン様作用(えすとろげんようさよう)といい、この作用を持つイソフラボンは「植物性エストロゲン」などとも呼ばれています。

 

イソフラボンが女性に良いとされているのは、このエストロゲン様作用が大きく関係しています。

 

では、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

次から紹介していきます。

 

3.イソフラボンの女性への効果

イソフラボンの女性への効果と管理栄養士が言っている画像

 

イソフラボンの効果は、おもにエストロゲン様作用によるものと、ポリフェノールの働きによるものに分けられます。

 

それぞれ具体的に説明していきます。

 

エストロゲン様作用によるもの

更年期の症状を緩和する

更年期障害」という言葉がよく知られるように、女性は40~60代にかけて心身にさまざまな不調が現れやすくなります。

 

これにはエストロゲンの分泌量低下が大きく関係しています。

 

エストロゲンは30代ごろから減りはじめますが、閉経によってその分泌量はさらに急激に減少します。

 

これによってホルモンバランスに乱れが生じると、自律神経のバランスに影響を及ぼすようになります。

 

その結果、ほてりやのぼせ冷や汗だるさイライラ憂うつといったさまざまな症状が現れることがあります。

 

これらが更年期の症状です。

 

お伝えしたように、イソフラボンにはエストロゲン様作用があり、更年期の症状を緩和する効果が認められています。

 

●骨の健康を維持する

骨粗しょう症は、閉経後の女性が発症しやすい病気のひとつです。

 

エストロゲンには骨量を保つ働きがあり、これと似た構造を持つイソフラボンを摂ることで骨の健康を維持し、骨粗しょう症を予防することがわかっています。

 

●お肌のハリやつや、髪のコシを保つ

エストロゲンには、皮膚内の水分量を保持する細胞などに働きかけ、お肌のハリやつやを保つ作用があります。

 

また、髪のコシにも影響を与えています。

 

そのため、イソフラボンを摂ることで、お肌や髪を若々しく保つ効果が期待できます。

 

●コレステロールを調節して生活習慣病を予防する

とくに女性は閉経後にコレステロールが高くなりやすいといわれています。

 

これには、コレステロールがたまるのを防いでいたエストロゲンの分泌量が減少することが関係しています。

 

イソフラボンには、エストロゲンのようにコレステロールをコントロールして、生活習慣病の発症などを予防する効果が期待できます。

 

ポリフェノールの働きによるもの

●細胞の酸化を防ぐ

細胞が酸化すると、老化を促進させたり、コレステロールを酸化させ血管の状態を悪くして生活習慣病のリスクとなります。

 

ポリフェノールの仲間であるイソフラボンには、細胞の酸化を抑え、それによる健康リスクを減らす働きがあります。

 

4.イソフラボンの摂り方

イソフラボンの摂り方と管理栄養士が言っている画像

 

イソフラボンは、大豆製品などの身近な食品にも多く含まれる栄養素です。

 

ですから、毎日の食生活の中で適量を摂る場合には問題はありません。

 

しかし、とくにサプリメントなどでの過剰摂取による影響についてはまだはっきりしたことがわかっていません。

 

食品安全委員会では、1日あたりの大豆イソフラボンの摂取上限量は70~75mg(注1)と定められているので、上限量を守って摂取するようにしましょう。

 

ちなみに、一般的な食品に換算すると、1日あたり大豆製品を1~2品摂る計算になります。

 

また、サプリメントで摂る場合は1日あたり30mg以内(注2)に抑えることが求められています。

 

さらに、食事から摂る大豆イソフラボンの量も、サプリメントからの摂取量を踏まえて調節するようにしましょう。

 

注1・注2:ここでは、アグリコン型イソフラボンの摂取量を記載しています。

 

女性にとって嬉しい効果がたくさんあるイソフラボン。安全においしく摂りましょう。

 

イソフラボンには、抗酸化作用があるので、老化防止やアンチエイジングにも役立ちます。

 

★管理栄養士が解説!イソフラボンサプリの選び方★

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:管理栄養士 山本ともよ
株式会社とらうべ所属

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

The following two tabs change content below.
山本ともよ

山本ともよ

【保有資格:管理栄養士】栄養の情報は世にあふれています。身近なことだからこそ、正しい情報をわかりやすく伝えることを心がけています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. 健康食品・健康成分について調べる
  3. イソフラボン
  4. ≫ 【管理栄養士が解説!】イソフラボンの女性への効果って?