1. 健康チョキンTOP
  2. セルフメディケーション
  3. セルフメディケーションの方法を知る
  4. ≫ 【看護師が伝授】身近なセルフメディケーション!

【看護師が伝授】身近なセルフメディケーション!

  • 最終更新日:2018年6月22日
  • 65ビュー

 

看護師が伝授!身近なセルフメディケーションと看護師が言っている画像

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

助産師 保健師 看護師 座波朝香 (株式会社とらうべ)

 

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

※本記事は、看護師の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

最近、何かと耳にするようになってきた「セルフメディケーション」という言葉。

 

みなさんは生活の中で取り組んでいますか?

 

今回は、セルフメディケーションという言葉の概念と、実際に生活のなかで活用できることをご紹介します。

 

2.観察から始まるセルフメディケーション

観察から始まるセルフメディケーションを看護師が言っている画像

 

セルフメディケーションの意味、そして、セルフメディケーションを理解する上で欠かせない「セルフケア」について言葉の意味を説明していきましょう。

 

●セルフケア

体調に合わせて、日々の食習慣、運動、睡眠、休息、ストレス解消のための遊びや趣味に取り組み、自己管理をすることです。

 

セルフケアは、自分の心身を観察し、症状や変化に気づくことから始まります。

 

また、定期的に健診を受けることも、自分の身体の変化を知る大切な機会となります。

 

●セルフメディケーション

WHO(世界保健機関)は、セルフメディケーションを「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。

 

自己管理をするということではセルフケアの一部でもあります。

 

セルフケアとの大きな違いは、「手当てをすること」、つまり、医療的ケアに自分自身で取り組むという点です。

 

とはいっても、医療に頼らないという意味ではありません。

 

セルフケアの習慣、つまり自身の心身を観察することができると、変化に対して早く気づくことができ、日常的なケアをするべきか、セルフメディケーションをするべきかを選択して取り組むことができます。

 

ちなみに、日本では、国民に対してセルフメディケーションを推進するために、平成29年1月から「セルフメディケーション税制」がスタートしています。

 

自身で対象の市販薬を購入すると、費用が控除される制度です。

 

申告の方法や条件については決まりがあり、厚生労働省HPにて詳しく知ることができます。

 

 

3.誰でも病気になる

誰でも病気になると看護師が言っている画像

 

セルフケアやセルフメディケーションに取り組むメリットは、病気の「早期発見」「早期治療」「予防」「悪化防止」などです。

 

そのため、生涯健康でいられるためのセルフケア、たとえば、バランスの良い食事、適度な運動、良質な睡眠についての正しい知識を得ることはとても大切なことです。

 

しかしながら、知識があるからといって、良いとされるセルフケアを実行できるとは限りません。

 

これは、医療者にもいえることで、いくら病気に対する知識があったとしても、セルフケアを怠れば医師や看護師でも病気になります。

 

入院してきた患者さんのなかには、病気になって初めて健康の価値に気づく方が少なくありません。

 

「こんなことになるのなら、やっぱりタバコなんて早くやめときゃよかった」「酒を飲みすぎていたことが良くなかったかな、これからは気をつけたい」「不摂生が良くないと思ってはいたものの、病気になってみてちゃんとした食事をしようと思えた」といった具合に、私たち看護師自身も予防の大切さを痛感させられます。

 

日々の生活やセルフケアの質が「自分自身」の心身にどのように影響しているのかを客観的にとらえること、また、健康に向かうために積極的にセルフケアを実践していくことが大切だといえるでしょう。

 

4.看護師が行うセルフケア・セルフメディケーション

看護師が行うセルフケア・セルフメディケーションと看護師が言っている画像

 

セルフケアやセルフメディケーションに取り組むコツとして、病院に勤務している看護師が行っていることを紹介します。

 

●こまめに観察をする

バイタルサイン(体温、血圧、脈拍、呼吸など)や体重測定といった身体計測をする。

 

自覚症状に気づいたら、詳しくその部位を観察してみる。

 

たとえば、お腹が痛い場合には、どこがどんな風に痛いのか、触ってみたり、目で確認するなど。

 

●運動

院内の移動は階段を使う

 

腰痛予防や肩こり改善のために、ヨガやピラティスに通う。

 

通勤時に早歩きをする。

 

●食事

患者さんに提供している食事を試食したり、献立を参考にしたりする。

 

コンビニ弁当でも食品表示を確認し、栄養のバランスを心がける。

 

野菜を先に食べる

 

同僚に管理栄養士がいれば、自分の食事内容や気になっていることについて気軽に相談することができる。

 

●睡眠

夜勤で不規則になった体内リズムを戻すために、夜勤明けでも日中は眠りすぎずに活動し、夜は早く寝るようにする。

 

眠気をごまかすためにカフェインや栄養ドリンクに頼らない

 

リズムを整えて、良質な睡眠を心がける。

 

●ストレス解消

疲れていても趣味の時間を確保する。

 

夜勤明けは交感神経が高ぶってハイになりやすいので、ゆっくりと風呂につかり、疲れをリセットする。

 

●セルフメディケーション

自分の飲む薬について、作用や副作用を薬辞典などで調べて把握する。

 

もしくは、同僚に薬剤師がいれば気軽に相談することもできる。

 

5.セルフメディケーション力を高めるために

ルフメディケーション力を高めるためにと看護師が言っている画像

 

セルフメディケーションは、自分自身の健康に責任をもつということですから、ある症状に対して当てずっぽうに市販薬で対処するということではありません。

 

セルフメディケーションでは、自分の心身に現れている不調の原因や、手に取る薬の作用や副作用、飲み方などについてよく理解したうえで、使用を判断する必要があるのです。

 

とはいえ、症状の原因や、有効な対処方法、薬の役割をきちんと理解することは、簡単なことではありません。

 

そこで、効果的なセルフメディケーションのために「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」を持つこともおすすめです。

 

病院を受診する際にもそうですが、自分の身体や病気と付き合うときには、困っている症状や心配していることを伝えること、また、症状に合った薬や普段飲んでいる薬との飲み合わせ、アレルギーや副作用の心配などを、きちんと相談することが大切です。

 

そのためにも、「お薬手帳」を有効に活用しましょう。

 

うまく医療と付き合うことで、身体や病気についての正しい知識を得ながら、自分なりに納得のいく対処ができ、セルフメディケーション力もアップしていくことでしょう。

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:助産師 保健師 看護師 座波朝香

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

・株式会社とらうべ

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

The following two tabs change content below.
座波朝香

座波朝香

【保有資格:助産師/保健師/看護師】今ある自分の健康を過信せず、折に触れて変わりゆく自分の身体を理解し、大切にしようと思ってもらえるような記事作成を心がけています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. セルフメディケーション
  3. セルフメディケーションの方法を知る
  4. ≫ 【看護師が伝授】身近なセルフメディケーション!