1. 健康チョキンTOP
  2. 特集
  3. ≫【特集!現役治療家に直撃】デスクワークの首肩凝りの原因とストレッチなどの対策方法

【特集!現役治療家に直撃】デスクワークの首肩凝りの原因とストレッチなどの対策方法

  • 公開日:2016年9月29日
  • 最終更新日:2016年11月8日

  • 53views

1.まずはじめに

疲れている女性

 

 

前回、企業向けの訪問ケアサービスで従業員の健康をサポートし、

デスクワーカーセラピストとしてご活躍の友葭(ともよし)先生に、

企業の健康経営の必要性やそのあり方、福利厚生の課題など伺ってきました。

 

関連記事 【実録!現役治療家に直撃】健康経営における福利厚生の重要性と課題を聞いた

 

今回はより実際的に企業のデスクワーカーが陥りやすいと言われる、

首肩の凝り症状の原因や、その不調に対する対策を具体的に教えてもらいました。

 

現代では、日本の勤労者の約50%がデスクワーカーと言われている今、

慢性的なく首肩凝りでお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちょっとした習慣の改善と変化で大きく仕事のパフォーマンスや、

健康的で明るい生活を取り戻すきっかけになることもあります。

 

是非、ご参考頂けると幸いです。

 

 

2.デスクワーカーを悩ませ続ける、首肩の凝りについて

デスクワークで首肩の凝りが起こるメカニズムとは?

男性

編集部

前回のインタビューで日本人の7割が肩凝りに悩んでいて、その殆どがデスクワーカーということを伺って驚愕いたしました・・・。自分も悩まされたことがありますし、社内にも肩や首の凝りに悩んでいる人が世代を問わず沢山います。
女性

友葭

そうですね。実際、私がケアする方の多くが首肩の悩みです。首肩が凝ると血流が悪くなるので、メンタルの部分まで影響してくる場合もあります。仕事のパフォーマンスのことも考えると必ず取り除きたい不調ですね。
男性

編集部

デスクワーカーに首肩の凝りが多くなるのはどうしてなのでしょうか?

女性

友葭

パソコンをのぞき込んだりすることがどうしても多くなるので、頭が前傾し悪い姿勢が続くからですね。
男性

編集部

なるほど。
女性

友葭

頭の重さは平均で4~5キロあると言われています。ちょうどボーリングの球を細い首、体幹の上に載せているというイメージですね。
男性

編集部

普段、そんな頭の重さなんて考えたことがなかったので、実際にその重量をイメージすると相当思いものを体に乗せているんだって実感できますね。
女性

友葭

はい。頭が前傾している姿勢になると首にかかる負担は4倍以上、およそ18キロの負担が首にかかってくると言われています。
男性

編集部

驚くべき数字ですね、そんなに違うのですか。

座っている状態自体に、不調の種がたくさんある

女性

友葭

そうですね、そんな負担を細い首で支えようとするので、当然首肩の筋肉が緊張しますので、それが首肩の凝りにつながったり、慢性化するとストレートネックの要因になってきます。
男性

編集部

仕事に集中していると平気で一時間以上、前傾の姿勢で仕事していることがありますね。なんだかハッとしてしまいます。
女性

友葭

人間の筋肉は400以上あるのですが、首肩は様々な筋肉が集中している部位でもあります。筋肉が緊張した状態が続くと、筋肉に付随した神経も圧迫し様々な不調や疾患につながることがあるので注意が必要です。
男性

編集部

首肩の凝りはそんなに恐ろしい不調なのですね。慢性的な不調なのでケアもそれなりに時間もかかるものだとは思いますが、早めに気付いて対策して、なるべく早く取り除いていきたいですね。

女性

友葭

そうですね。ちなみに、首肩だけではなくデスクワークで座っている状態ですと、腰への負担も直立している場合の1.4倍もかかっています。
男性

編集部

えっ、そうなんですね。なんとなく、座るというと休むイメージが強いので、立っている時よりも負担がかかっているなんて知りませんでした。でも、確かにデスクワーカーの不調で腰痛は首肩凝りぐらい悩みとしてよく聞きますね。
女性

友葭

デスクワーキングには不調の種がそもそも沢山潜んでいるのですね。

男性

編集部

そこで、具体的に聞きたいのですが、実際デスクワーカーが首肩凝りや腰痛の不調ができるだけおこらないような対策は何かありますでしょうか?

3.デスクワークによる不調をケアする方法とは?

女性

友葭

まず、一番重要なのは、パソコンやデスクトップの画面の位置を自然に座った時に、

目線の位置にくるように配置や高さを工夫することですね。

男性

編集部

なるほど。まずは頭が前傾しない環境を自分で整えるということですね。たしかに、会社のデスクやイスは中々自分の体格に合わせて選べるものではないので、個々人の体の大きさに合わせて工夫する必要はありますね。僕の周囲でも、パソコンの下に雑誌を引いたりして高さを変えている人がいます。

女性

友葭

はい、まずはできることから実践していきましょう。それから、次に大事なのはこまめに休憩を入れるということです。目安としては、1時間に1回5分程度は立ちあがって、腰や首肩への負担を軽減することをおすすめします。
男性

編集部

以前お話をお伺いした予防医療の先生も、座っていることが人間にとって最も不健康とおっしゃっていたのを思い出しました。疲れたと感じたら、なるべく気分転換に立ちあがったり、トイレに休憩しにいくのはいいことなのですね。実践してみます。
女性

友葭

そうですね、意識的に休む時間を決めるのが良いと思います。ついつい仕事に集中してしまうこともありますので。

男性

編集部

その他にデスクワーカーがすぐ実践できる効果的なストレッチはありますか?
女性

友葭

肩甲骨周りの筋肉が緊張してしまうのを緩和するストレッチなどは良いと思います。両手を頭の後ろで組んで、前に倒し背中を丸めると首や肩甲骨周りの筋肉が伸び緊張を緩められるのでおすすめです。

男性

編集部

簡単にできそうですね。

女性

友葭

それから、座った状態でできるストレッチとして側頭部を片手でさわって反対の手をお尻の下に入れて左右にゆっくり倒すというのも、首の筋肉の緊張を和らげるので良いと思います。首周りは筋肉が集中しているので疲れてきたなと思ったらこまめに動かすことが重要です。

男性

編集部

おお、実際にやってみると確かに気持ちいいですね!今から実践していきます!最後にデスクワーカーの座る姿勢として正しい姿勢とはどういう形なのでしょうか?チェックポイントとしても伺えればと思いまして。
女性

友葭

一般的には、肘と腰、膝が90度になるように座るのが良いと言われていますが、骨格は人それぞれ個性がありますので一概にはそれが絶対に正しいというわけではありません。意識しすぎると逆効果になるので、どちらかというと無理なく自分にあった自然な姿勢で座って、先ほど申し上げたようなこまめな運動やストレッチを意識して行う方が重要だと思います。
男性

編集部

姿勢ケアの治療家さんにお話しを伺った時も、姿勢やバランスは人それぞれ個性があるので、一番自分の実感として無理のない姿勢を心がけて、何よりも大切なのは不調に早く気付いてそれを治していくというのを心がけましょうとおっしゃっていました。
女性

友葭

そうですね、自分の体に意識を向けられるか、が一番重要です。デスクワーカーの不調がなぜ起こるのか、その原因や対策を知らないより知っているという状態をつくること、その次に不調に気付かなかったのを気付くなるようになって適切な対策を自分自身でとれること、が大事です。
男性

編集部

まさに、セルフメディケーションそのものですね。今回も有意義なインタビューをありがとうございました!

 

 

◇インタビューさせて頂いた先生はこの方!

今回お話を伺ったのはこの方!

デスクワーカーセラピスト 友葭先生

Tomo鍼灸 代表

http://tomo-shinkyu.info/
ユラックス株式会社所属

http://youluckx.co.jp/

 

ユラックス株式会社では、訪問型法人向けボディケアサービスを提供しています。

 

「明るい希望を頂ける社会・未来を創りたい」

福井県から上京し鍼灸師の資格を取得したのちに、企業向けのセラピストとしてマッサージや鍼灸などの治療を行い日本のビジネスマンを元気にしている友葭(ともよし)先生。

 

なぜ企業専門なのか?それは、日本の経済を支えるビジネスマンは一方で、刻一刻と変化する社会情勢のなか、漠然とした将来の不安や人間関係のストレスから疲弊している方が多い現状への課題からでした。

 

自らの専門領域で何ができるか?と考え辿り着いたのが、デスクワーカーセラピストとして企業で働くビジネスマンを健康的に元気にする、ということだったそうです。

 

そんな熱い志を持った友葭先生は現在、大手から中小企業、個人まで活動の領域を広げ、

働くビジネスマンの健康サポート、そして良きデスクワーカーの理解者として活躍されています。

 

デスクワーカーセラピスト友葭先生

 

The following two tabs change content below.
hikaru
■20代/男性/会社員 営業担当時代はヘルスケア領域の顧客を多数担当。セルフメディケーションを怠った結果、体調を崩したことをきっかけに健康オタクに…!自らも、「健康食品コーディネーター」の資格を取得し、これまで得た栄養学や生理学、遺伝子学の知識を使って、健康増進を目指す方や悩みのある方にとって分かりやすい情報を提供できるよう心がけています。最近大好きなキーワードは、「徳と記憶」。