1. 健康チョキンTOP
  2. サプリメントで補う
  3. 成分から探す
  4. ≫絶対に失敗しない!おすすめのDHA・EPAサプリの選び方・比較

絶対に失敗しない!おすすめのDHA・EPAサプリの選び方・比較

  • 公開日:2016年5月10日
  • 最終更新日:2016年11月29日

DHA・EPAに失敗しない

 

※各項目をクリックすると

ランキングを見ることができます!

 

DHA・EPAサプリ6つの選び方

 

1. 正しい選び方があります!

青魚

 

DHA・EPAとは青魚(まぐろ、いわし、さば、あじ…など)に多く含まれるサラサラ成分。

 

体内では合成することのできない必須脂肪酸で、1日1,000mgを摂取することが推奨されている成分です。

 

参考徹底解説!最新のDHA・EPAの効果と効能

 

DHA・EPAは私達の健やかな生活には欠かせないですが、ここ数年での食生活の変化によって不足しがちな成分になりました。この記事を呼んでいるあなたも心当たりがあると思います。

 

魚から離れてしまった私達のDHA・EPA不足を解消するために、様々な企業から多種多様なDHA・EPAサプリが発売されています。

 

ただ、私達にとってはありがた迷惑だったりします。なぜなら商品がたくさんあるので、どれを選べばいいのかわからなくなります。

 

そして私達が最終的に持つ疑問はただ1つ。

 

どれが1番いいの?

 

DHA・EPAサプリには正しい選び方があります。

 

さらに言うと、その人の必要に応じて「1番良い」サプリが異なることがあります。おすすめできるサプリが人それぞれ違うので、一概に「1番良い」サプリは断定できません。

 

その分、正しいDHA・EPAサプリの選び方を知り、自分にとって「1番良い」サプリを見つけましょう!

 

★DHA・EPAこんな人におすすめ

  • 魚を食べる機会が減った方
  • 「あれ?」が増えた方
  • ドロドロが気になる方
  • 前向きな毎日を送りたい方
  • 運動不足を感じる方
  • 不調が続くが原因が不明な方
  • 健康診断が不安な方

1つでも当てはまった方には特におすすめです。

 

2. DHA・EPAサプリの選び方

DHA・EPAの配合量

DHAとEPAは合わせて400mg以上

 

1日分の目安量で、DHAとEPAが400mg以上配合されているサプリを選びましょう。

 

DHA・EPAはとても貴重な成分です。1日分の目安量ができるだけ多いサプリを選ぶことは1つのポイントです。

 

厚生労働省より定められている1日の推奨摂取量は1,000mgですが、普段の食生活で不足してしまう量は400~600mg程度だと言われています。

 

なので、サプリメントから補うならば400mgあれば充分な量なのです。

 

気になるのは副作用ですが、1日分の目安量を守っていれば心配はいらないでしょう。

 

 

飲みやすさ

DHAとEPAの飲みやすさ

 

粒の大きさや硬さ、さらに魚臭さを抑える工夫がされているかどうかに注目しましょう。

 

サプリメントは毎日摂取することに意味があるもの。粒が大きかったり、硬かったりすると飲むのが嫌になって、続けられないこともあります。

 

DHAとEPAは魚の独特の匂いの正体。魚臭さを抑える工夫がされていないと、口に含んだら魚臭かったり、飲み込んだあとに喉の奥から匂いを感じたりすることもあるのです。

 

 

品質

笑っている赤ちゃん

 

サプリを選ぶ上で品質や安全性は軽視できません。

 

ついつい配合量や金額に目がいってしまいますが、サプリや健康食品は実際に私達の体内に入れるもの。つまり普段の食事と変わらないのです。

 

たくさんDHA・EPAが配合されていて安いのが理想ですが、そういったサプリは品質や安全性に不安が残ります。

★チェックポイント★

  • 生産工場の基準・規格はどうか?
  • 材料の原産国が明記されているか?
  • 商品管理体制はしっかりしているか?
  • 信頼できるメーカーか?知名度は?

品質や安全性が約束されているのは絶対条件なのです。

 

 

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

 

コストパフォーマンスが優れているかどうかも大事なポイントです。

 

サプリをやめてしまう理由の1つは「高すぎる価格」です。サプリは私達の健やかな生活をサポートしてくれるものですが、お財布を圧迫して続けられなくなってしまっては本末転倒です。

 

ただ、コスパが良くても注意が必要です。品質に不安があったり、酸化防止がされていなかったり、何かしらの穴がある場合もあります。

 

なので「コスパが良くない=ダメなサプリ」は間違いです。コスパが多少悪くても、その分良質なDHA・EPAが含まれていたり、その他の嬉しい成分が配合されていることも。

 

 

酸化しない工夫

DHAとEPAの酸化

 

DHAとEPAのチカラを最大限発揮させるためにも、酸化防止策の有無を確認するようにしましょう。

 

DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸に分類されるものは、とても酸化しやすい成分です。

 

口に入れる前に空気に触れたり、体内に入ってから吸収するまでの過程で酸化してしまうと、せっかく摂取しても本来のパワーを発揮することができません。

 

安易に量やコスパで選ぶのは危険です。DHAとEPAがたくさん含まれていても、酸化防止がされていないと摂取してもあまり意味がないことも…?

 

 

オリジナリティ

オリジナリティ

 

最後のポイントはオリジナリティです。

 

様々なDHA・EPAサプリが販売されていますが、その中でも各社メーカーはオリジナリティを出して、他商品との差別化を図っているのです。

 

DHA・EPAと一緒に摂りたい成分や、日本人に不足しがちな成分を配合するなど、企業ごとに付加価値を出して商品に魅力を出しています。

 

購入前する前に、どのようなオリジナリティがあるのかをチェックしてみるといいでしょう!

 

 

3. 迷ったら"総合力"から選ぼう!

6つのポイントをご紹介しましたが、長所と短所があるのは当然で、迷ってしまうと思います。

 

そんな時は6つのポイントの総合力で選びましょう!

 

総合力が高いということは、そのサプリは本当に評価が高いということ!

 

最後まで読んでみて、どれから選べばいいか迷っている方は総合力ランキングから選んでみてください!

 

 

 

The following two tabs change content below.
MUGI
●20代 男 WEBディレクター 若いけれど、将来のことを考えたら健康への欲求が止まらない!日本にはまだまだ知られていない健康情報が満載!僕の記事を見てくれた人が「えっ!」と思ってくれるような情報を発信していきます! 将来に向けて「健康」を「チョキン」していきましょう!

この記事に関連するキーワード :