1. 健康チョキンTOP
  2. サプリ・健康食品で補う
  3. 成分から探す
  4. イソフラボン
  5. ≫ 人気のイソフラボンサプリを徹底比較!成分や品質、コスパどちらがおすすめ?!

人気のイソフラボンサプリを徹底比較!成分や品質、コスパどちらがおすすめ?!

  • 最終更新日:2017年8月22日

1.まずはじめに

イソフラボンサプリ徹底比較

 

こんにちは、健康チョキン編集部のまみこです。

 

今回のテーマは、「イソフラボンサプリ」です。

 

40歳を過ぎ、女性らしさの成分を補いたいと感じている方に、おすすめのイソフラボンサプリの中で特に当サイトで人気の2商品を成分やコスパなどから徹底比較をします。

 

かくいう私も子育てに奮闘していて気付いたらあっという間にアラフォーの道に…

 

更年期で悩む女性

訳もなくどんより…
ちょっとしたことでイライラする…
ツヤやうるおいがないような…?

 

こんな悩みを持つ方におすすめしたい人気のイソフラボンサプリは、

 

ずばり!

 

人気のイソフラボンサプリ

1.DAI-JOB(ダイジョウブ)の「AMANI(アマニ)ソイ&フラックス」

2.キッコーマンの「基本のサプリ」

 

の2商品です。

 

成分や品質、価格といった切り口から比較していきますので、

是非、イソフラボンサプリの検討の材料にして頂けると嬉しいです。

 

2.そもそもなぜイソフラボンサプリなの?気をつけたい注意点がある

気をつけたい注意点

 

女性らしさに必要な成分は、年齢とともに減少していくことが分かっています。イソフラボンは、女性らしさにとって大事な成分と構造が似ていると言われており、大豆などの植物由来の食品に含まれています。

 

そのため普段の食生活では不足しがちな女性に嬉しい成分のサポート食品として、イソフラボンサプリに期待が集まっているのです。

 

しかし、イソフラボンサプリを利用する前に、必ず抑えておかなければいけないポイントが二つあります。

 

大豆イソフラボンは摂り過ぎには注意が必要です

内閣府食品安全委員会は、1日摂取目安量の上限値70〜75mg/日としています。しかし、納豆など普段の食生活でも大豆イソフラボンを摂取する機会は多いですよね。そのためサプリメントの場合は大豆イソフラボンを摂取する時の上乗せ摂取量の上限を30mg/日と定めています。何事も摂り過ぎには要注意です。摂取量は、サプリメント選びの基準の一つにしましょう。

遺伝子組み換えは要注意

実は、厚生労働省からは遺伝子組み換え食品に関して「食べても問題は無い」 としています。しかし、自然ではなく人為的な作用を加えており遺伝子組み換えの食品が開発されてからまだ歴史も浅いので遺伝子組み換え大豆には注意が必要であると考えています。

 

それでは、今回比較する人気の2つの商品を紹介します。

 

3.「AMANI(アマニ)ソイ&フラックス」と「基本のサプリ」の商品情報を比較

 

AMANI(アマニ)ソイ&フラックスと基本のサプリ

「AMANI(アマニ)
商品価格 1,800円(税抜)※送料無料
内容量 60粒(約30日分)
1日の目安量 1日2粒目安
原材料 マルチトール、大豆胚芽抽出物、アマニ抽出物末、ヒハツ抽出物末/ビタミンC、セルロース、酸化ケイ素、ビタミンE、ステアリン酸Ca
栄養成分表示(2粒あたり) 熱量/1.89kcal、たんぱく質/0~0.01g、脂質/0.05g、炭水化物/0.52g、食塩相当量/0~0.01g、ビタミンC/100mg、ビタミンE/2.4~7.6mg、亜麻リグナン/8.2mg、大豆イソフラボン(アグリコンとして)/12.5mg、ヒハツ抽出物末/10.0mg
その他特徴 大豆イソフラボンの他に、スーパーフード アマニ由来の「アマリグナン」を配合 胡椒の仲間のヒハツや、ビタミンE、ビタミンCなど、女性の美容や健康に欠かせない成分も配合
キッコーマンの基本のサプリ
商品価格 通常5,056円(税込)
2,528円(税抜)※初回購入
内容量 60粒(約30日分)
1日の目安量 1日2粒目安
原材料 ブドウ種子エキス、大豆抽出物(大豆抽出物、デキストリン)、還元麦芽糖、デキストリン/ステアリン酸Ca、HPMC、二酸化ケイ素、 葉酸、グリセリン、カルナウバロウ、ビタミンD3
栄養成分表示(2粒あたり) エネルギー2.1kcal、たんぱく質0.006g、脂質0.012g -飽和脂肪酸0.011g、炭水化物0.49g、食塩相当量0.00025g、ビタミンD30.0㎍、葉酸400㎍、ぶどう種子ポリフェノール200㎎、イソフラボンアグリコン25㎎
その他特徴 より吸収されやすい「アグリコン型」の大豆イソフラボンを配合。さらにカルシウム吸収に欠かせないビタミンD3、女性には欠かせない成分の葉酸もプラスされている

 

それでは、成分、品質、価格の3点で詳しく比較していきましょう!

 

4.2つの人気商品を比較してみる

 

AMANI(アマニ)ソイ&フラックスと基本のサプリの比較

含まれている成分について

含まれている成分

【DAI-JOB(ダイジョウブ)│AMANI(アマニ)ソイ&フラックス】

 

AMANI(アマニ)ソイ&フラックスの最大の特徴は、アマニとイソフラボンの女性らしさ成分をダブルで補うことができることです。

 

今、スーパーフードとして話題の「アマニ」。AMANI(アマニ)ソイ&フラックスには、アマニの種子に約1%しか含まれない稀少な部分アマリグナンをギュッと凝縮し配合しています。アマニはライ麦と比べ、なんと約8,500倍の女性らしさの成分が含まれているのです。


さらに、胡椒の仲間であるヒハツや、ビタミンE、ビタミンCなど、女性の美容や健康に欠かせないサポート成分も配合されています。

 

注目POINT

摂り過ぎ注意といわれるイソフラボン。「AMANI(アマニ)ソイ&フラックス」は、通常の食事で摂る平均量(18mg)を考慮して大豆イソフラボンを配合しているため、摂りすぎとならずに、十分な量を補うことができます。

 

【キッコーマン│基本のサプリ】

基本のサプリの最大の特徴は「アグリコン型」という、より吸収されやすい状態で大豆イソフラボンを摂れることです。

 

また、マンズワインなどキッコーマンならではの成分は、若々しさをサポートするぶどう種子ポリフェノールが配合されていることです。ぶどうは、脂質の多い食生活にも関わらず、フランス人の健康を支えている「フレンチパラドックス」の代名詞になっています。またカルシウム吸収に欠かせない!ビタミンD3も配合しているなど、細かな健康へのこだわりを感じます。

 

成分ではどちらも優劣をつけがたく、またどちらにも強いこだわりを感じるので、この勝負は引き分けです。

 

 

 

品質へのこだわり

品質へのこだわり

【DAI-JOB(ダイジョウブ)│AMANI(アマニ)ソイ&フラックス】

使用している大豆は世界の良質で安全なものを厳選しています。また遺伝子組み換えでないものを使用しており安心感があります。また「アマリグナン」や、「イソフラボン」などの女性らしさの成分は、私たちの暮らしの中で普通に食べている食材に由来するものですので、からだに無理なく自然に摂ることができます

 

【キッコーマン│基本のサプリ】

基本のサプリの大豆イソフラボンも遺伝子組み換えでない大豆を利用しています。また、品質管理において日本以上に厳しいといわれる米国政府機関(アメリカ食品医薬品局)が定めた「c-GMP」基準をクリアした工場にて製造しており、メーカーならではの品質へのこだわりを感じます。

 

どちらの商品も、品質や安全性へのこだわりが強く感じられ、この勝負も引き分けです。

 

 

 

続けやすい価格かどうか

価格設定は?

2つの商品の価格を比較した表がこちらです。

AMANI(アマニ)ソイ&フラックス キッコーマンの基本のサプリ
1ヶ月分の単品価格(税抜) 1,800円

5,056円

※初回購入なら半額2,528円

1ヶ月分の定期価格(税抜) 1,620円 4,550円

これは一目瞭然で、

「AMANI(アマニ)ソイ&フラックス」

経済的には続けやすいですね。


「AMANI(アマニ)ソイ&フラックス」は、大豆イソフラボンに加えて稀少成分のゴマリグナンも組み合わせて配合しておりダブルで女性らしさの成分を摂れるお得な商品です。

DAI-JOBがかかげる3つの約束がまさに体現された商品だと思います。

 

●DAI-JOB(ダイジョウブ)の3つの約束

桜
1.売れる商品より「あってよかった」と思える商品を作ります。
2.家計にやさしく「続けやすい価格」をいつも心がけます。
3.価格以上に「価値を感じる」商品をいつもお届けします。

 

 

 

5.大豆イソフラボンの注意点

Q&A

 

複数の健康食品を一緒に摂ってもいいですか?

毎日のバランスの良い食生活を基本に、不足しがちな成分などを選びましょう。複数の健康食品を摂る際には、成分が重複する場合があるので、その点は注意が必要です

 

薬を服用していますが、健康食品を飲んでも大丈夫?

お薬を処方されている方、治療中の方は、かかりつけの医師・薬剤師に相談してから飲用するようにしてください

 

食品アレルギーなど摂取してはいけない人はいますか?

食品アレルギーがご心配な方は摂取前に原材料を確認しましょう。また、薬を処方されている方、通院中の方は、かかりつけの医師・薬剤師に相談しましょう

 

妊娠中や授乳中でも大丈夫?小児は?

妊娠・授乳中の方、小児のご利用はお控えください。公式HPにも記載がありますが身体の状態も普段とは違います。大切な時期なので、健康食品の摂取は控え、食事からの栄養摂取をするようにしましょう!

 

6.最後に

前向きで元気な生活を

 

日々失われていく女性らしさの成分。私自身も、毎日忙しくしている中で、ふっと気付いたからだの変化。大豆イソフラボンは、納豆やお豆腐など日頃の食生活で補うこともできますが、忙しい毎日の中で中々満足に対策することは難しいです。

 

自分で手軽に毎日摂り入れられるサプリメントを日々の習慣にプラスして力を借りるのも一つの選択肢だと思います。

 

品質や安全性へのこだわりはもちろんのこと、経済的な状況も自分らしい気持ちに影響はします。サプリメントは毎日続けることが重要ですので、しっかり自分にあったものを選んで元気に前向きな生活を目指していきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
まみこ
■まみこ/アラフォーで2児の母!昔から美容と健康情報には敏感で最新のネタがあると試さずにはいられないタイプ。特にインナービューティーにこだわっているので食べるものにはうるさい。好きなメーカーはサントリー。子どもに関する健康情報や、更年期に関する情報も気になるところ。

この記事に関連するキーワード :

最終更新日:2017年8月22日