1. 健康チョキンTOP
  2. サプリ・健康食品で補う
  3. 成分から探す
  4. イソフラボン
  5. ≫ 【管理栄養士が伝授!】イソフラボンサプリの選び方と摂取のポイント

【管理栄養士が伝授!】イソフラボンサプリの選び方と摂取のポイント

 

管理栄養士が伝授!イソフラボンサプリの選び方と摂取のポイント

 

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

管理栄養士 山本ともよ  (株式会社とらうべ)

株式会社 とらうべ 社員。企業で働く人の食と健康指導。糖尿病など疾病をもった人の食生活指導など活動中。

※本記事は、管理栄養士の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

大豆製品に含まれる栄養素としてよく知られているイソフラボン。

 

美容に健康に働くことが期待され、サプリメントでも多くの製品が売られています。

 

そんなイソフラボンサプリを選ぶポイントと、摂り入れるときに気を付けるべきポイントをお伝えします。

 

2.イソフラボンをサプリメントで摂るメリット

イソフラボンをサプリで摂るメリットと管理栄養士が言っている画像

 

大豆に含まれる成分として有名なイソフラボンは、大豆に限らずマメ科の植物に含まれます。

 

イソフラボンは、「植物性エストロゲン」とも呼ばれており、その化学的構造が女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」とよく似ています。

 

そのため、エストロゲンが不足する場合にはエストロゲンに代わって同様の働きをします。

 

また、エストロゲンの分泌量が過度な場合には分泌量を調節します。

 

閉経後はエストロゲンの分泌量が減り、それにより心身に不調が出る更年期障害が起こりやすくなります。

 

これに対し、イソフラボンは更年期症状緩和や骨粗鬆症のリスク低減に働くことが期待されています。

 

また、イソフラボンはポリフェノールの一種であり、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

 

細胞の酸化はシミやしわ、生活習慣病にも関連することがわかっています。

 

ホルモン分泌の安定という点では、毎日継続して摂り続けることが重要です。

 

栄養価の高い大豆製品で摂るのが最適ですが、食事で補えないときなどに手軽に摂り入れられるのがサプリメントのメリットです。

 

3.イソフラボンサプリメントを選ぶポイント

イソフラボンをサプリで摂るメリットと管理栄養士が言っている画像

 

含有量

イソフラボンには「アグリコン型」と「配糖体型」というふたつの型があります。

 

イソフラボンは食品中では「糖」に結びついた配糖体型で存在しています。

 

配糖体型は体内で腸内細菌によって糖が外されてアグリコン型となり吸収されるのです。

 

配糖体型には糖が結びついている分重量があるため、配糖体型はアグリコン型の1.6倍に相当します。

 

食品安全委員会では、健康補助食品などで大豆イソフラボンを摂る際には、1日あたりアグリコン型換算で30mgまでと定めています。

 

つまり、配糖体型では48㎎までということです。

 

サプリメントや特定保健用食品などでは吸収力を高めるためにアグリコン型に加工されている場合も多く、含有量の表示がどちらの型なのかを確認することが大切です。

 

イソフラボンの原料

イソフラボンとひと口に言っても、由来する原料によってその構造はさまざまで、その違いにより効果も変わると言われています。

 

更年期症状の緩和や骨の健康維持への働きは大豆イソフラボンに期待される効果です。

 

また、レッドクローバーのイソフラボンにおいて、更年期症状のひとつであるほてりの軽減が認められた研究結果(※)があります。

 

大豆イソフラボン含有のサプリメントが多いですが、何に由来しているかを確認しましょう。

(※)https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21870906?dopt=Abstract

 

安全性

サプリメントを利用する際の基本的な確認項目として、製品の安全性が挙げられます。

 

安全性においては、製造過程での品質管理は、「GMP認定工場」で製造していると安心です。

 

GMPとは、good manufacturing practiceの略で、医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準を指します。

 

医薬品の場合はこの認定が義務となっていますが、サプリメントの場合は義務ではありません。

 

それでも、品質管理の徹底のためにGMP認定を取得している工場で作られる製品は安心です。

 

4.摂り入れるときのポイント

イソフラボンを取り入れるときのポイントと管理栄養士が言っている画像

 

イソフラボンサプリを摂り入れるときには次の2点に注意しましょう。

 

用法容量を守る

イソフラボンサプリメントには上限量が定められています

 

過剰に摂取すると、ホルモンのバランスの乱れにつながる可能性が示唆されています。

 

多く摂れば効果が高まるというものではありませんので、1日の摂取量を守りましょう。

 

大豆食品との食べ合わせを考える

大豆イソフラボンは、エストロゲン様作用により健康への影響が報告されたこともあり、内閣府食品安全委員会では摂取上限量を「アグリコン型換算で1日あたり70~75mg」と定めています。

 

このうち、サプリメントなどの栄養補助食品でイソフラボンを摂取する場合、1日あたりの摂取上限量はアグリコン型換算で30mgです。

 

つまり、食品からはアグリコン型換算で40mgまでが目安ということです。

 

おもな食品のアグリコン型換算での含有量を見てみましょう。

 

★主な食品のアグリコン型イソフラボン含有量

 

●大豆水煮100g:72mg

●きなこ10g:27mg

●豆腐2分の1丁:30mg

●凍り豆腐1枚:18mg

●納豆1パック:37mg

●豆乳200g:50mg

 

大豆製品を多く摂った場合にはサプリメントは中止するなど、食べ合わせを考えてサプリメントを摂り入れましょう。

 

なお、大豆イソフラボンを含有する特定保健用食品は、形は食品であっても含有量が多い食品としてサプリメントと同様に考えます。

 

そのため、特定保健用食品との併用は避けた方がいいでしょう。

 

なお、上限量は1日でもその量を超えたらすぐに害が出る、というわけではなく、毎日長期的に摂取した場合のリスクを考慮した量であるため、過度に心配することはありません

 

継続的に摂り入れるために、効果的で安心できる製品を選びましょう

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:管理栄養士 山本ともよ
株式会社とらうべ所属

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

 

The following two tabs change content below.
編集部
■健康チョキン編集部のライターが交代制で記事をアップしていきます!セルフメディケーションの重要性を健康チョキンを通じて発信し、日本が健康大国になるためのサポートをしてまいります。 実際に編集部員が本気で試したり、調べたり、インタビューさせてもらったコアな情報を発信していきます!乞うご期待!

この記事に関連するキーワード :