1. 健康チョキンTOP
  2. サプリメントで補う
  3. ジャンルから探す
  4. ≫【見たらショックかも…】ヘルスエイド ビフィーナSの裏側/効果や口コミを見る前に

【見たらショックかも…】ヘルスエイド ビフィーナSの裏側/効果や口コミを見る前に

  • 公開日:2016年1月15日
  • 最終更新日:2016年11月29日

ヘルスエイド ビフィーナSは…

  • 【速報!】ビフィーナSを実感した方から感動の口コミを頂きました!
  • ビフィーナSは、消費者庁に届出を受領された機能性食品
  • 本気で悩んでいる人には有難い充実のサポート!ビフィーナSの中身を公開!
ヘルスエイドビフィーナS

 

健康チョキンライターで、健康食品コーディネーターのhikaruです。

前回の記事で、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて記事を書かせて頂きました。

 

まだご覧頂いてない方はこちらをご覧ください。

 

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸内環境を維持るために重要な菌ですが、特に便通で悩んでいる方にとってはビフィズス菌のサプリメントがおすすめです。

 

今回は一押しのビフィズス菌サプリメントである、森下仁丹株式会社の「ヘルスエイド ビフィーナS」の裏側を徹底的にご説明致します。

<速報!>実感の口コミが届きましたので公開します

 

こちらのレビュー記事を書いてから有難いことに少しづつ反響を頂いております。

今回、ユーザー様から実感の口コミを頂きましたので以下にて公開します!

 

改めてビフィーナSは、本当に便通で悩まれている方を、

助けてくれる素晴らしい商品であると確信しました!

 

<女性 30 代の口コミ>

今まで、便秘に悩まされており毎日のお通じがなく
3日~4日に1度くらいの頻度で、ひどいときは軽い下剤を服用していました。
食べ過ぎた日や、お酒を飲んだ翌日はお通じがあるのですが、下し気味でした。

乳酸菌の錠剤や、手作りスムージー、
乳清など試しましたが効果があまりなく、
下剤も半日以上効かないような体質だったのですが
ビフィーナを1週間ほど毎日飲み続けたら如実に変化が現れました

あまり食べていない日の翌日でも
朝から理想のお通じがあり、今3週間目くらいですが
ほぼ毎日お通じがきています。
お酒を飲んだ翌日も、下し気味ではなくバナナ便で
腸内環境が整ってきているのを実感しています。

続けてみたいと思えるものに出会えました!

※個人の感想であり、商品の効果・効能を保証するものではございません。

ヘルスエイドビフィーナS

【初回限定!約23%OFF!】

 

<2016.10.18体験談追記>

ビフィーナSの口コミが想像以上に広がっており、

最近では、「軟便」が「フワフワ」になったというような実感のお声を頂いております。

 

この方は、飲んで一週間くらいはお腹のはりがあったそうなのですが二週間くらい続けていたら、便通の頻度が安定してきて形の良い健康的な便が出るようになったそうです。

 

 

以下記事については、より専門性の高い情報で他にはない情報も多い一方、

やや論文のような内容になっていますので読みづらい方もいらっしゃると思います。

 

そのため、必要性に応じて適宜読み飛ばして頂けると幸いです。

 

1.ビフィーナシリーズの概要と歴史

森下仁丹の「ヘルスエイドビフィーナS」(ビフィーナシリーズ累計)は、乳酸菌健康食品部門で、19年連続売上No.1(※1)を記録している大人気商品です。

 

ビフィーナシリーズは誕生してから23周年を超える歴史ある商品で、愛用者は全国で88万人、販売実績は累計972万個(※2)を突破しています。939万個は、神奈川県の全人口が利用しても余りがでるくらいの規模感です。

 

世間でこれだけ評価されている「ヘルスエイドビフィーナS」ですが、実際には効果あるの?というのが一番気になるところ。今回は健康食品コーディネーターの立場から、専門的な視点も踏まえて「ヘルスエイド ビフィーナS」の裏側についてレビューしていきます。

 

その上で、まず大きなトピックとして上げられるは、2015年の6月に商品リニューアルがあり「ヘルスエイド ビフィーナS」が機能性表示食品として「便通の改善」を公に表示したことです。

 

※1 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2016」機能志向食品編整腸効果/乳酸菌メーカーシェア(1996~2014年実績),「ビフィーナ」シリーズ全体での売り上げ

※2 1993年~2015年12月31日までの「ビフィーナ」シリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)

 

2.機能性表示食品ってそもそも何?

ヘルスエイドビフィーナS

パッケージの左上部に、「機能性表示食品」と記載がありますね。

 

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいて栄養成分や効能などの機能性を表示した食品のことです。なお、販売前(厳密には60日前)に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られていることが販売の前提になります。

 

つまり、森下仁丹の「ヘルスエイド ビフィーナS」は、科学的な根拠に基づき「便通改善 」の機能を表示しているのです。

 

 

初回限定約23%OFF
2,980円(税込)
送料 無料
通常価格 3,856円(税込)
内容量 1箱:30袋入り
1日の目安量 1日1包※1包1.4g
原材料名 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖(ラフィノース)、ゼラチン、ビフィズス菌末(乳成分を含む)、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤(大豆由来)、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド)
栄養成分表示 1包(1.4g)当たり エネルギー5.1kcal、たんぱく質0.16g、脂質0.41g、炭水化物0.84g、食塩相当量0.0012g、(その他成分)乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)10億個、オリゴ糖0.30g

 

3.主成分、ビフィズス菌(ロンガム種)の機能性について

ヘルスエイドビフィーナS

それでは、「ヘルスエイドビフィーナS」の機能性表示内容について具体的に見ていきます。商品パッケージの裏側に、届け出表示内容が書かれていますね。

【届出表示】ビフィズス菌(ロンガム種)の機能性 本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

便通を改善する機能の鍵をにぎっているのは、ビフィズス菌(ロンガム種)です。どんな科学的根拠があるのか、詳しく説明していきます。

3-1. ビフィズス菌(ロンガム種)の摂取により排便回数が増加

ビフィズス菌摂取による便秘改善結果

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品群で8.4±0.4回/14日であった排便回数が、9.6±0.6回/14日に有意に増加したことが報告されました。

出典:清水(肖)らJapanese Journal of Lactic Acid Bacteria 18(1):31-36(2007)から改変

被験者:21歳から45歳(平均年齢31.6±7.2歳)までの重度の便秘症を除く便秘傾向者55名(男性12名、女性43名)のうち週あたりの排便回数が2~5回のもの48名

摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品(ビフィズス菌(ロンガム種)を含まない食品)を2週間毎日摂取)/平均値±標準誤差 *p < 0.05

 

上記グラフは、ビフィズス菌(ロンガム種)の臨床試験の結果です。摂取後に、便回数が増えています(右側のグラフ)。2週間で7~7.3回 という便秘傾向の強い被験者を対象にして検証しています。

 

ランダム化試験は医学の分野でも薬剤の効果があるか論理的根拠を導き出すためによく使われている非常に有効性の高い試験です。ゆえに、「ヘルスエイド ビフィーナS」の機能性の根拠は信頼性が高い情報をもとにしていると言えます。

 

念のためよくある落とし穴としてあるのが、臨床試験で摂取した成分(ビフィズス菌)の量(上記グラフで言うと20億個)より、サプリメントに含まれる成分の量が少ないということがあるのですが、「ヘルスエイド ビフィーナS」には、このビフィズス菌(ロンガム種)が50億個/包も含まれています。

 

3-2. ビフィズス菌(ロンガム種)の摂取による腸内フローラのビフィズス菌占有率が増加

ビフィズス菌の腸内占有率

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品摂取期に9.7±0.3 log10/g fecesであった糞便中Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属菌の菌数が、9.9±0.3 log10/g fecesに有意に増加し、さらに占有率も対照食品摂取期に23.7±14.0%であったのに対し、34.4±19.2%に有意に増加したことが報告されました。

出典:Yaeshima et al. Bioscience Microflora 16(2):73-77(1997)から改変
被験者:健常女性11名
摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品(ビフィズス菌(ロンガム種)を含まない食品)を2週間毎日摂取)
平均値

出典:腸内フローラを良好にし便通を改善 森下仁丹のビフィーナ

 

摂取によって、腸内フローラのビフィズス菌の占有率が上がっていますね。

 

そもそも腸内フローラとは何か?腸内フローラを簡単に言えば腸内細菌のことです。人それぞれ腸内に棲息する腸内細菌の種類とバランスがフローラ(お花畑)のように異なることを称して腸内フローラと呼んでいます。

 

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を生成することによって腸内環境を整え便通をサポートしてくれるヒトの健康にとってなくてはならない役割をしているのですが、年齢とともに数が減少しています。

 

腸内細菌の年齢による変化

出典:腸内細菌、乳酸菌と腸のお話 | 明治ヨーグルトライブラリー

 

赤ちゃんの腸内環境のバランスを守っていたビフィズス菌は、老年期(50代)に差しかかると3割程度の人は、ビフィズス菌が殆どなくなっていくとも言われています。そのためビフィズス菌を食事やサプリメントなど外部から摂って増やしたり、ビフィズス菌が増えやすい腸内環境をつくっていく必要があります。

 

ただ、ビフィズス菌は胃酸や胆汁などの酸に弱い性質があり外部から摂取しても死滅しやすいと言われています。このビフィズス菌の弱点に対して、「ヘルスエイド ビフィーナS」は森下仁丹の特殊な技術で加工することによって腸まで届けることに成功しています。特殊な技術について、詳しくは後ほど説明します。

3-3. ビフィズス菌(ロンガム種)の摂取による便中アンモニア量の減少

ビフィズス菌摂取によるアンモニア量の変化

50億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、摂取前に比べて糞便中のアンモニア量が、33.3±16.1 μmol/g feces→24.5±9.2 μmol/g fecesに有意に減少したことが報告されました。

出典:Ogata et al. Microbial Ecology in Health and Disease 11:41-46(1999)から改変
被験者:21歳から42歳までの健常男女6名(男性2名、女性4名)
摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を50億個含む食品を2週間毎日摂取)
平均値

出典:腸内フローラを良好にし便通を改善 森下仁丹のビフィーナ

 

アンモニア量が摂取後に減っていますね。先ほど、ビフィズス菌が乳酸や酢酸を生成すると書きましたが、この酸という文字が表すように腸内環境は酸性(厳密にはPH6未満)の方が良いのです。酢漬けが腐敗を防ぐ保存食であるのと同様の原理ですね。

 

以上のような試験結果から、ビフィズス菌(ロンガム種)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能に科学的な根拠があると、届出しているわけです。

 

 

さらに、ビフィズス菌(ロンガム種)の機能を最大限発揮するために、森下仁丹では最先端の加工技術を駆使してサプリメントにしています。

 

4. 森下仁丹による最先端の技術「ヘルスエイド ビフィーナS」のコーティング

ヘルスエイドビフィーナS

中身を開けてみると粉末状態になっています。味はレモン風味でラムネのようなさわやかな味がします。オリゴ糖が入っているので、やや甘みを感じます。

 

水なしでも飲めそうですが、噛まずに飲むことが正しい摂取方法なので、 水や飲み物をそばにおいて摂った方が良いと思います。

 

噛まずに飲む理由は写真の中にある黄色い小さな球を潰さないためです。 この黄色い球の中に、機能性表示成分ビフィズス菌(ロンガム種)が入っているのです。

 

黄色い球状のものは、このビフィズス菌(ロンガム種)を、森下仁丹の高度な技術によってカプセル状にコーティングしています。

 

なぜ、コーティングする必要があるのか?というと、ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けるためです。黄色い部分が耐酸性皮膜になっていて、ビフィズス菌が胃酸や胆汁酸で死滅しないように コーティングしてビフィズス菌を守っているのです。

 

数値データにもきちんと表れています。以下は、腸まで届くその生存率の高さを表したグラフです。

 

ビフィズス菌の生存率

※ビフィズス菌は当社原料であるBifidobacterium longum JBL01株を使用
★ビフィズス菌を空腹時に個当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出
(仁丹バイオファーマー研究所調べ)

出典:腸内フローラを良好にし便通を改善 森下仁丹のビフィーナ

 

人工胃液のデータとは言え、生存率が約90%というのは森下仁丹の確かな技術を物語っています。よく、コンビニやスーパーで売っているヨーグルトなどにも腸まで届くという表記 を目にしますが、生存率の数値データを開示しているものは殆どありませんよね。

 

ちなみに 余談ですが、「ヘルスエイド ビフィーナS」の販売元である森下仁丹は、健康食品事業ともうひとつの柱にコーティング事業があります。この「コーティング技術」を応用した経口ワクチンなども開発していて、日米の両方で特許を取得しています。こうした森下仁丹の実績や研究成果は、信頼感につながりますね。

 

ヘルスエイドビフィーナS

【初回限定!約23%OFF!】

 

「ヘルスエイド ビフィーナS」に施された高度な技術は、森下仁丹株式会社の長い歴史を物語っています。

 

5.創業120年以上の歴史を持つ森下仁丹株式会社

森下仁丹ロゴ

仁丹

森下仁丹は、大阪に本社をおく健康食品会社。なんとその歴史は創業120年以上に及びます。

 

もともとの主力商品は、社名にもある「仁丹」で、銀色にコーディングされた丸薬です。生薬が凝縮され口臭予防や整腸対策に利用されていました。私は1980年世代ですが、お父さんやお爺さん世代の方なら多くの方がご存じなのではないでしょうか?

 

森下仁丹のコーポレート・スローガンは、「百年人生を応援する」。その姿勢を貫きつつも、健康素材の研究と独自のコーティング技術を利用し、時代の変化に合わせて開発された商品が、「ヘルスエイド ビフィーナS」なのです。

 

6.「ヘルスエイド ビフィーナS」の中身を詳細レポート

ヘルスエイドビフィーナS

「ヘルスエイド ビフィーナS」が届いて開けてみると最初に目に入るのは、お客様サービス担当者さんの手書きされた文字が印刷されたお手紙です。

 

親しみが感じられるお手紙ですが、その内容は便通を改善する科学的機能があることを認められた機能性食品であること、そして使って変化を確かめてほしいという、森下仁丹の自信が伺える内容でした。

 

また、お客様サポートも平日、祝日問わず連絡できるのは嬉しいですね。継続して付き合うものなので、利用方法で困った時などすぐに質問ができるなど、サポート体制が充実しているのは安心感があります。

 

ヘルスエイドビフィーナS

 

そして付録でついてくる「おなかチェックカレンダー」が目に飛び込んできました。たっぷり60日分もあります。ビフィーナSの摂取有無だけでなく、食物繊維や水分、運動など食生活のチェック項目があって、毎日の便通の状態を記録できます。私は、いつも目にする冷蔵庫に貼り付けています。

 

一日一分程度で記入できるので、面倒くさがり屋の私でも苦痛ではありません。記録することで、毎日の体調のバロメーター管理にもなりますし、習慣になって継続しやすくなります。地味ですが 、嬉しいサービスです。

 

ヘルスエイドビフィーナS

 

栄養成分表示をチェックします。ビフィズス菌(ロンガム種)が、機能性関与成分として50億個も入っています。また、次に目に入ってくるのはエネルギーの5.1kcalというカロリーの低さ。ビフィズス菌をヨーグルトで50億個も摂ろうとすると、100kcalは平気で超えてきます。 ダイエット中の方でも、カロリーを気にせず利用できます。

 

また、よく見ると乳酸菌(アシドフィルス菌、ガゼリ菌)が10億個、オリゴ糖が0.3g入っていますね。ビフィズス菌を特殊なコーティング技術で届けるだけでなく、乳酸菌やオリゴ糖も配合して、腸内環境を改善していく、という森下仁丹の本気が伺える栄養成分になっています。

 

 

ヘルスエイドビフィーナS

【初回限定!約23%OFF!】

 

7.気になる「ヘルスエイド ビフィーナS」の効果・口コミは?

ヘルスエイドビフィーナS

私自身は、ものすごく便通で悩んでいる毎日ではないのですが、便のニオイがきつかったり、硬かったり黒かったりと便が最高の状態ではありません 。できれば、同じ時間帯にバナナ状の便が出る毎日を目指したいですよね。

 

「ヘルスエイド ビフィーナS」を試し始めてから5日程度経ちます。現状で明確な変化は感じられませんが、便意のタイミングが朝食後の20~30分後にくるようになり、少し規則正しくなってきたような気がします。

 

「ヘルスエイド ビフィーナS」は、30包入りで1日1包目安なので、1ヶ月分あります。上述のビフィズス菌(ロンガム種)の便通改善の根拠データも2週間の試験結果をもとにしているので、根気強く1ヶ月は継続していく予定です。

 

何事も「継続は力なり」です。それに、先ほど紹介したおなかチェックカレンダーで、日々の体調や便通 の記録が取れるのでこれから表れる変化が楽しみですし、継続のサポートをしてくれます。

 

私は、毎日オフィスのデスクの上に置いて水ありで飲んでいます。もともと粉末状の薬が 苦手なので 、「ヘルスエイド ビフィーナS」の顕粉タイプと知った時、飲めるか不安だったのですが口に入れてみると、レモン風味の爽やかな味で水なしでも問題なく飲める美味しさでした。これには正直驚きましたね。

 

ただ、ビフィズス菌をコーティングしているプセルを噛んで潰しては折角の効果を台無しにしてしまう可能性があるので、水で流しこんで飲んでいます。

 

また、日々のチェックシートに記入していると、便通改善のために日々の生活習慣の中で工夫をするようになったのは大きな変化です。駅からオフィスまでウォーキングしたり、朝起きるタイミングを早くしたり、できる事から始めています。

ヘルスエイドビフィーナS

【初回限定!約23%OFF!】

 

8.まとめ&コスト感は?

腸を気にする女性

世の中に数あるサプリメントの中でも「ヘルスエイド ビフィーナS」はビフィズス菌だけでなく乳酸菌やオリゴ糖も配合し、本気で便通を改善したい人に向けた科学的根拠のあるサプリメントであると言えます。

 

その理由は、サプリメントを選ぶ基準として重要な3つの点が抑えられているからです。

 

  • サプリメントの機能に科学的な根拠がある
  • 提供企業に歴史があり、技術力(コーティング技術)や安全性が高い(cGMP取得)
  • 継続するために必要なカスタマーサポートや工夫がある(チェックシートや味)

 

便通は悩みが深ければ深いほど、「すぐにでも改善したい!」と思いがちですが、そこは気長に、継続してこそ成し遂げられるものだと考えて続けていきましょう。森下仁丹の「ヘルスエイド ビフィーナS」は、悩みをもった人の思いに応えられるだけの森下仁丹の本気 が詰まった商品です。

 

さらに、初めての方なら、「ヘルスエイド ビフィーナS」30日分(30包)が、

初回限定の割引キャンペーンを実施しています。

2,980円税込(通常価格3,856円から約23%OFF)で試すことができます。

送料も無料です。

 

定期お届け便でも、毎月20%OFFの3,084円ですので、

毎日のコストが100円以下で継続できるのは、お財布にも嬉しいですよね。

 

詳細は、下記から確認してみてください。

ヘルスエイドビフィーナS

【初回限定!約23%OFF!】

 

The following two tabs change content below.
hikaru
■20代/男性/会社員 営業担当時代はヘルスケア領域の顧客を多数担当。セルフメディケーションを怠った結果、体調を崩したことをきっかけに健康オタクに…!自らも、「健康食品コーディネーター」の資格を取得し、これまで得た栄養学や生理学、遺伝子学の知識を使って、健康増進を目指す方や悩みのある方にとって分かりやすい情報を提供できるよう心がけています。最近大好きなキーワードは、「徳と記憶」。

この記事に関連するキーワード :