1. 健康チョキンTOP
  2. サプリメントで補う
  3. ジャンルから探す
  4. ≫【初回990円!森のコーヒー】銀座老舗よりおすすめの至福珈琲を紹介

【初回990円!森のコーヒー】銀座老舗よりおすすめの至福珈琲を紹介

  • 公開日:2016年6月24日
  • 最終更新日:2016年11月29日

  • 368views

かんたんに言うと…

  • 編集部が溺愛する、コーヒー好き垂涎の「森のコーヒー」とは?
  • ここでコーヒーの歴史を紹介♪銀ブラの語源は実は●●だった…!?
  • 初回限定キャンペーンのご案内と、通情報を大公開!

1.健康チョキン編集部が愛する至極のコーヒー

 

・日東珈琲(カフェーパウリスタ)

 

もう、かれこれ社長とも7年以上の付き合いになる、

健康チョキン編集部のおすすめするコーヒーを詳細に紹介します。

 

おすすめするコーヒーの名はその名も、

 

カフェーパウリスタの森のコーヒー

 

森のコーヒー

 

森のコーヒーは日東珈琲(カフェーパウリスタ)から販売されている、

化学肥料農薬不使用オーガニックコーヒーです。

 

カフェーパウリスタは日本のコーヒー文化の発祥でありパイオニアであり、

日本のコーヒー嗜好やカフェの普及、歴史とともに歩んだとも言える、

銀座老舗のカフェーパウリスタの歴史は創業100年以上におよびます。

 

今では、全国のコーヒーファン垂涎のコーヒーインターネット通販で販売されているほか、時代の哀愁を漂わせながらカフェーパウリスタのカフェ(直営店)を銀座に構えています。

 

森のコーヒー、カフェーパウリスタの特徴は、コーヒー豆の買い付けに際して、

商社を通さず社長自らが、ブラジルやボリビア、アフリカやコスタリカなどの、

コーヒー産地の小さな農園主さんに赴き、厳選したコーヒー豆を直接買い付けして、

凡そ市場では中々出回らない高品質かつ個性的なコーヒー豆を仕入れているところにあります。

 

そんなカフェーパウリスタが取り扱っている様々なコーヒーの中でも、

森のコーヒーは、豊かな風味や酸味や甘みが絶妙で最も飲みやすく

ブラックで飲んでもすっきりとした味わいに仄かな甘みが感じられる、

これまでに20万人以上が愛飲された大人気コーヒーになっています。

 

 

初回限定
特別価格
990円(税抜) 
送料 無料
タイプ 挽きタイプ

豆タイプで選択可
内容量 180g
飲める量 約18杯分
特典① コーヒーキャニスター缶プレゼント
特典② おいしいコーヒーの淹れ方情報あり

 

今回は、

 

うまいコーヒーが飲みたい、、、

 

と日頃から感じているコーヒーファンに向けて、

愛すべきカフェーパウリスタの至福のコーヒーを、

歴史や雑学を交えながら詳細にご紹介できればと思います。

 

2.日本のコーヒーの歴史は、カフェーパウリスタの歴史そのも…

コーヒー

日東珈琲(カフェーパウリスタ)は創業してから100年以上たっている、

日本の企業の中でも有数の歴史と伝統ある会社です。

 

またそもそもカフェーパウリスタは、
日本のカフェーの発祥と歴史を作ったといっても過言ではありません。

 

歴史を紐解くと、未だ日本ではコーヒーの文化やカフェがなかった明治時代

創業者がブラジル人と交流が深く当時ブラジル経済を支え、

特産となっているコーヒーが沢山ありました。

 

その自国のコーヒーを利用して諸外国に輸出して伸ばしていきたい、

そのために日本で広めて欲しいという願いと日本でコーヒー文化を伝承させる、

という目的と責任の名の元で無償でコーヒー豆をブラジル政府から、

それはそれはたんまりもらった、というのがはじまりらしいです。

 

その後、コーヒーを日本で流行させるにはどうしたらいいか?

 

と考えたとき、時(大正時代)の総理大臣?または政治家から、
ヨーロッパ(パリ)ではカフェーというおしゃれな喫茶店があって、
有識者やお金持ちやセンスの高い方がそこでコーヒーが飲まれている、

 

という情報を得て、

それならば、日本にもカフェーを作ってコーヒーを広めようじゃないか、
ということで創業者がつくったのが、今でも銀座にあるカフェの発祥でもある、

カフェーパウリスタの由縁になるのです。

 

<銀座七丁目にある喫茶店 カフェーパウリスタ>

食べログはこちら:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002648/

こちらでも、森のコーヒーが飲めます!

しかも500円程度なので銀座のコーヒーの相場を考えればかなりお手頃ですね。

 

店内は昔の雰囲気を今も残し、木のぬくもりが感じられるアンティークが、

朗らかで落ち着いた空気を店内に漂わせ、かつての銀座の歴史や文化など、

悠久のロマンを感じながらゆったりとコーヒーを嗜むことができます。

 

カフェーパウリスタの創業後、

当時の、吉井勇、菊池寛、芥川龍之介などの名だたる文学人が、
足しげく通ったそうで、それから段々と日本に、庶民にコーヒーが広まったそうです。

 

3.銀ブラの語源は、銀座をぶらぶらすること、ではなく銀座でブラジルコーヒーを飲むことだった?!

 

また、当時「銀ブラ」というはやり言葉があったらしいのですが、
その意味は「銀座をブラブラすること」ではなく、


多くの文豪やお洒落人がカフェーパウリスタの、

「ブラジルコーヒー」を銀座で飲むことから「銀ブラ」という言葉が広まったそうです。


カフェーパウリスタは、当時の東京の風俗を表す象徴として、

日本のゴッホと並び賞される画家である長谷川利行の絵画や、

当時流行していた俳句などにも度々登場します。

 

もっとコーヒーの歴史や文化、

カフェーパウリスタの歴史が知りたい!という方は、

公式サイトに纏められていますので興味のある方はご参照くださいませ。

 

参考)カフェーパウリスタの歴史の軌跡

 

4.最後に

 

改めて森のコーヒーに戻りますが、

本当にコーヒー好きの方なら一度は試して欲しい絶品のコーヒーです。

 

以下公式サイトでは、初回限定のキャンペーンでお得にお買い求めでき、

なんと990円(税別 送料無料)でご案内されています。

 

カフェーパウリスタの森のコーヒー

【挽きタイプ・豆タイプあり♪】

 

 

またこれは通情報ですが、

実は森のコーヒーを頼むと会員限定で月替わりコーヒーというのが頼めます。

 

いわゆる、頒布会形式(毎月商品が届けられる)で月ごとに、

ブラジルのほか、アフリカやインドネシアなど世界各国の珍しい

ある種くせのある個性的なコーヒーを飲むことができ、コーヒーファンだけでなく、

コーヒーマニアでも、飽きることなく様々なコーヒーの味を楽しむことができますよ…!

 

The following two tabs change content below.
hikaru
■20代/男性/会社員 営業担当時代はヘルスケア領域の顧客を多数担当。セルフメディケーションを怠った結果、体調を崩したことをきっかけに健康オタクに…!自らも、「健康食品コーディネーター」の資格を取得し、これまで得た栄養学や生理学、遺伝子学の知識を使って、健康増進を目指す方や悩みのある方にとって分かりやすい情報を提供できるよう心がけています。最近大好きなキーワードは、「徳と記憶」。