1. 健康チョキンTOP
  2. サプリ・健康食品で補う
  3. ジャンルから探す
  4. 乳酸菌
  5. ≫ 【密着取材vol2】一週間毎日お通じが!?ビフィーナSを二カ月間継続した結果は?

【密着取材vol2】一週間毎日お通じが!?ビフィーナSを二カ月間継続した結果は?

  • 最終更新日:2017年2月1日

1.振り返り/三者三様の結果が出たビフィーナSモニター1カ月目

ビフィーナSモニター企画 

 

健康チョキンの密着モニター企画!

森下仁丹のビフィズス菌サプリメント「ヘルスエイドビフィーナS」を、男女3人のモニターに1カ月に渡って利用して頂きました。

 

ビフィーナSは、便通を改善する機能が認められた機能性表示食品で、

性別年齢の異なるモニターそれぞれの悩みがどのように変化するか、

毎日のトイレを記録できるウンログというライフログアプリを利用して密着取材しました。

 

モニター結果(1か月目)は下記ページよりご参照くださいませ。

 

関連記事

【2カ月間の密着レポ!】ビフィーナSを実際に体験!男女三人の結果(一か月目)

 

1カ月間の利用で便通の回数、量、形状など三者三様の結果が出たことで、

ビフィーナSがモニターの腸内環境に働きかけたことが分かった取材になったと共に、

やはり、ビフィズス菌サプリメントは人の腸内環境よって相性が異なることも再認識しました。

 

今回は、ビフィーナSのモニター3人のうち幼い頃からひどい便秘に悩み続けていた、

Bさんに焦点を絞り密着取材を継続しました。

 

1-1.Bさんのプロフィール(再掲)はこちら!

<Bさんのプロフィール>
Bさんイメージイラスト
●性別・年齢 女性 20代前半
●職業 営業職
●悩み 慢性的な便秘
●悩み歴 20年
●便の回数(3日に1回) 3日に一回

★Bさんの悩みとビフィーナSモニターに参加したきっかけ

小学生の頃から、ひどい便秘に悩まされていて3日間1度も便通がないこともあったということでした。お腹が痛くなることも多く便秘薬に頼ると急激にお腹がゆるくなるので逆に体調を崩してしまうことが悩みだったそうです。今回は、ひどい便秘に悩まされていた方が段階的に体質から改善した実感があるという声を聞いてモニターへの参加を決意して頂きました。

 

 

3日に1回の便通の頻度だったBさんですが、本モニター企画にてビフィーナS30日間継続した頃から1.5日に1回程度と、徐々に快方に向かってきました。そして、45日目後には今までBさん体験してないような変化があらわれてきました。

 

POINT!

これから紹介するBさんの結果はビフィーナSだけのチカラはなく、サプリメントと並行してBさん自身が食習慣を改善したことも、結果に大きくつながっていると考えています。そういった、サプリメントと合わせて便通改善に向けて行った対策やポイントも合わせて紹介していきます。

 

※ご注意※

モニター様に伺った以下インタビュー内容や体験談は、

あくまでも個人の感想であり商品の効果・効能を保証するものではございません。

 

2.結果から公表/2か月でBさんのウンログに大きな変化が!

 

2-1.BさんがビフィーナSを続けて2か月目のウンログ結果

Bさんのウンログ結果32日目以降

 

2ヶ月目に入ったBさんのウンログ結果です。

6日週(37日目~)で2日に1回以上お通じがあり、

13日週(44日目~)では1週間連続という結果となりました。

 

2-2.モニター開始月のウンログ(30日目まで)との比較

Bさんのウンログデータ比較(2か月間)

 

月単位で比較してみると差が歴然ですね。

 

Bさんのレポートでは、モニター開始から15日間はおなかが動いているような感じがするということでしたが便通の頻度に大きな変化はありませんでした。ところが、15日目以降で徐々に便通の頻度が増え、3日1回だったのが1.5日に1回は便通が訪れ快方に向かっています。

 

そして、Bさん自身も幼い頃から便通に悩まされ続けて初めて1週間継続して便通があったのでは?と驚くほどだった結果となりました。この結果の背景には、ビフィーナSの摂取以外にも、食生活で食物繊維を多く撮ったり食べる量を工夫していたというBさんの努力の賜物とも言えますね。

 

実際にBさんにインタビューして聞いてみました。

 

3.Bさんに実感インタビュー/モニター期間中に行った改善へのポイント

編集部

早速ですが、今回のビフィーナSモニター企画でBさんが実感に至るまで工夫したポイントを教えてください。
女性

Bさん

実は1週間継続して便通があった数日前から、ビフィーナSを一旦ストップしています。

編集部

そうだったのですね!Bさんがモニター期間中にも飲むタイミングは食前や食後、寝る前などと工夫していたのは知っていましたが、1カ月以上欠かさずビフィーナSを継続されていましたよね?どうしてその週にビフィーナSを一旦とめたのでしょうか?
女性

Bさん

ビフィーナを継続して1カ月くらい経った時、これは自分自身の実感ですが今までにはないくらい腸内が活動しているのを感じました。そして継続してから40日目くらいから動きがおなかの強い張りを感じるほど腸内が活発になったので、思いきって一度ストップして様子を見てみようと思ったからです。

編集部

先月のモニター企画では、Nさんがおなかの調子に合わせてビフィーナSを飲み分けていましたね。
女性

Bさん

はい、Nさんのお話も聞いて自分自身の腸の状態を知ることが何よりも重要ということがモニター期間中で非常に良く分かりました。

編集部

なるほど、そういう背景があった中で、1週間継続して便通があったのですね。確かに、1人1人異なる腸内環境(細菌)をもっているので、外部から摂取したビフィズス菌との対抗症状のような実感はあると言われていますね。
女性

Bさん

ビフィーナSを飲んでから自分の腸内環境が少しづつ変化しているという実感もあり、また食物繊維多めのきのこなどを積極的に摂るなど体質改善を目的に食習慣も工夫していたので、毎日毎日少しづつですけど良い方へ腸内環境が変わっていったのだと思っています。

編集部

素晴らしいですね。ところで現在は、ビフィーナSを飲んでいますか?
女性

Bさん

はい、自分の腸の調子に合わせて飲み分けています。今回のモニター企画を通じて、飲む頻度が毎日でなくても良いと思ったことが逆にビフィーナSを続ける決め手になりました!

 

4.取材後記

段々とのぼっていくイメージ

 

ビフィーナSのモニター60日間の密着取材の結果はいかがだったでしょうか?

 

森下仁丹の機能性表示食品であるビフィーナSが、

モニターの腸内環境に働きかけたのが良く分かった取材となりました。

 

そして、毎日体調のバロメーターを常にチェックするという意識や、普段の食事も腸内環境に優しい食生活に改善していくなど、健康に向けた前向きな姿勢が最終的にはBさんの悩みを改善していったように感じられました。

 

サプリメントは諦めないで継続することが重要と良く言われますが、

一方で、サプリメントを利用して自分自身のカラダがどのように変化したか感じること、

また、その実感に合わせてサプリメントを摂取するなど工夫していくことがなによりも重要である、とBさんへの取材を60日間続けて感じられました。

 

腸内環境を改善するには食生活やサプリメントなど様々な対策方法がありますが、

腸内細菌は人それぞれ違って、その改善策に必ずしも正解があるとは言えません。

 

今回の取材記事を読んで頂いた方が、

腸内環境の改善に向けた一手を踏み出して頂けることがあれば嬉しいです。

 

The following two tabs change content below.
hikaru
■20代/男性/会社員 営業担当時代はヘルスケア領域の顧客を多数担当。セルフメディケーションを怠った結果、体調を崩したことをきっかけに健康オタクに…!自らも、「健康食品コーディネーター」の資格を取得し、これまで得た栄養学や生理学、遺伝子学の知識を使って、健康増進を目指す方や悩みのある方にとって分かりやすい情報を提供できるよう心がけています。最近大好きなキーワードは、「徳と記憶」。

この記事に関連するキーワード :