1. 健康チョキンTOP
  2. 注目のキーワード
  3. ≫リコピンに関するおすすめ情報まとめ

リコピンのすべてを徹底解説Q&A

リコピンとはトマトに含まれる赤い色素成分のこと。抗酸化作用を持ち体内の活性酸素を除去するので生活習慣病の予防、コレステロールに作用しダイエット効果、さらに女性に嬉しい美容・美白やアンチエイジング効果まである万能成分です。今回はリコピンの効果や摂取方法、副作用やおすすめのサプリまでリコピンの全てを徹底解説します。

リコピンって何?

トマトにリコピンは含まれる

 

リコピンとは赤い色を示す色素成分のことです。

 

自然界にも多く存在する黄色や橙色や赤色などを示すカロテノイド(カロチノイド)と言う有機化合物のひとつです。

 

600種類以上のカロテノイドが自然界の動植物が持っており、フラミンゴやロブスターが赤いのは、このカロテノイドに由来します。

 

リコピンは私達が普段食べている50種類以上の野菜や果物に含まれているのです。

 

リコピンにはどんな特徴があるの?

リコピンの最大の特徴は抗酸化作用を持っていることです。

 

抗酸化作用を持っている成分と言えば、β―カロテンやビタミンEが有名ですが、それらの成分とは比べ物にならないほどの強力な抗酸化作用を持っています。

 

抗酸化作用の成分別比較グラフ

 

β―カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍に値します。

 

この抗酸化作用により、私達の身体に様々な嬉しい効果をもたらしてくれるのです。

 

リコピン(抗酸化作用)にはどんな効果があるの?

酸化したバナナ

 

リコピンの持つ抗酸化作用には体内の活性酸素を除去する働きがあります。

 

活性酸素とは人間の身体を酸化させ、体内の細胞や血管、DNA傷つけるため、生活習慣病を引き起こしたり、シミやそばかすやしわと言った肌トラブルの原因となったり、身体の老化を進めます。

 

バナナが腐って黒くなったり、10円玉が錆びてしまうのはすべてこの酸化が原因で、人間の身体も同じように酸化するのです。

 

しかし、リコピンを摂取することで抗酸化作用により酸化の原因となる活性酸素を除去することができます。

 

そのためリコピンは、生活習慣病などの様々な病気の予防に効果的だとわかっており、さらには女性に嬉しい、ダイエット効果、シミやそばかすの予防と言った美容・美肌効果もあり、近年注目を集めている成分なのです。

 

詳しいリコピンの効果・効能や抗酸化作用に関してはこちらから

 

リコピンが1番多く含まれている食材は?

リコピンを含んでいるトマト

 

リコピンは、私達が普段口にする50種類以上の野菜や果物に含まれています。

 

その中でも、最も含まれるのはトマトです。『トマトの赤さは、リコピンの赤さ』と言えます。

 

トマトの他にはスイカ、ピンクグレープフルーツ、柿などにも含まれており、下記が可食部100g当たりのリコピンの含有量です!

 

リコピンの含まれる食材とその含有量

 

実は、トマトの中でもミニトマトの方がリコピンの含有量が高いことがわかっています。

 

普段の生活でリコピンの含まれている食材を積極的に食べていきましょう。

 

1日どれくらい摂ればいいの?

はてな・クエスチョン

 

リコピンによる、様々な美容・健康効果を得るためには、1日最低でも15~20mgのリコピンを毎日摂取する必要があります。

 

15~20mgのリコピンと言うと、ミニトマトで約15個、大玉トマトだと約2~3個、ピンクグレープフルーツでも、約2~3玉に相当します。

 

実はリコピンを毎日15~20mgを摂取するのは、結構大変なことなのです。

 

さらにリコピンは食物繊維の壁に囲まれているため、例えばトマトを普通に食べても、うまく身体に吸収されにくいのです。

 

リコピンの特性を知り、効率よく摂取しよう!

リコピン摂取を促す男性

 

身体に嬉しいことだらけのリコピンですが、その反面で摂取が大変で吸収もされにくいという、なかなか厄介な成分です。

 

しかしそんなリコピンにもいくつか特性があり、効率よく摂取するためにポイントがいくつかあります。

 

加熱調理をする!

リコピンを囲んでいる食物繊維の壁は、加熱することで壊すことができ、吸収されやすい状態に変わります。

リコピンは加熱しても、その効果が落ちることはありません。

油分と一緒に摂る!

リコピンは脂溶性と言い、油分に溶けやすい性質を持っています。

そのためリコピンを摂取するときには油分と一緒に摂取することで、体内へのリコピンの吸収率が高まります。

ジュース(液体状態)で摂取する!

リコピンを囲っている食物繊維の壁は加熱をしなくても、食材を液体(ペースト)状態にすると壊すことができます。

トマトジュースやピンクグレープフルーツジュースはなどおすすめです。

 

リコピンの効率の良いおすすめの摂取方法は?

トマトを利用した料理

 

生の食材を食べるよりも、加熱調理をしたほうが摂取効率、吸収効率は格段に上がります。

 

例えば、生のトマトの場合は電子レンジなどで温めて、そこにオリーブオイルをかけて食べるのがおすすめです。

 

また、生の食材の調理にこだわらずに既に加工された状態で販売されている商品を利用するのも良いでしょう。

 

ホールトマトであれば約1缶、トマトジュースであればコップ1杯分(200ml)、ケチャップであれば大さじ4杯で1日分のリコピンを摂取することができます。

 

これらの詳しい調理方法やレシピに関しては、別記事にて詳しく紹介していますので、是非チェックしてみてください。

 

リコピンの含まれる食材/効率よくラクして美味しく摂る方法まとめ

 

リコピンにリスクや副作用はあるの?

イエローカード

 

リコピンを過剰摂取したとしても、副作用や大きな健康被害は報告されていません。

 

リコピンは天然の色素成分であるため、摂取量の上限や明確な基準がないのです。

 

ただ、リコピンを摂り過ぎると「柑皮(かんぴ)症」と言い、手のひら、足の裏が黄色くなることもあります。しかし「柑皮症」は身体に害は無いですし、リコピンの摂取を止めれば自然に治るものです。

 

何事もやり過ぎは良くないようですね。

 

おすすめのリコピンサプリを紹介!

 

リコピンの効果や特徴、摂取の方法や副作用などご紹介してきましたが、最後にリコピンのサプリをご紹介したいと思います。

 

リコピンを摂取する上で、最も簡単で効率が良いのがサプリメントです。

 

様々なメーカーがリコピンの研究に時間とお金を費やしています。

 

その中でもとっておきのサプリがこちらです。

 

カゴメ・リコピンコレステファイン

血中コレステロールが気になる方に!日本初“リコピン”での機能性表示食品!

【リコピン コレステファイン】

 

リコピン コレステファイン 』は日本初HDL(善玉)コレステロールを増やす働きのある“リコピン”を含んだ機能性表示食品です。

 

リコピンには、血中HDL(悪玉)コレステロールを増やす働きが報告されています。

 

健康診断や人間ドックでコレステロール値を指摘された方への、リコピンによる全く新しいコレステロール対策です!

 

リコピンのことを1番知っているカゴメならではサプリに仕上がっており、

 

1日分のリコピンをたったの1粒にギュっと凝縮。さらにオリーブオイル配合で、吸収率も高めることができます。

 

今なら初めての方限定で、 本商品1ヶ月分(31粒) を通常4,000円(税抜)のところ、 半額の2,000円(税抜) で試すことができます。しかも 送料無料 です。