1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. ダイエット
  4. ≫ 【看護師が暴露!】青汁とダイエットの関係に迫る!

【看護師が暴露!】青汁とダイエットの関係に迫る!

  • 最終更新日:2018年6月22日
  • 97ビュー

 

看護師が暴露!青汁とダイエットの関係に迫る!と看護師が言っている画像

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

看護師 助産師 保健師 座波朝香 (株式会社とらうべ)

 

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

※本記事は、看護師の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

青汁には健康的なイメージがありますが、ダイエットにも良いのかどうか気になるところですね。

 

忙しい日々のなかでも、ダイエットにも真剣に取り組みたいと、手軽な方法を探して試してきたという人もいるでしょう。

 

そこで、青汁とダイエットの関係をみていきましょう。

 

2.青汁でやせることができるの?

青汁で痩せることが出来るの?と看護師が言っている画像

 

ダイエットといえば、まず気になるのが食生活。

 

食事制限の方法として、カロリーの低い食品で空腹を満たすという手段を選ぶことがあるでしょう。

 

そこで、青汁を飲むことで、一日の摂取カロリーをこれまでよりも抑えるなど、手軽なダイエット方法はとても魅力的ですね。

 

実際に、これまでよりも摂取エネルギーを減らすことができれば体重は減るでしょう。

 

ただし、青汁は飲料なのでそれだけで満足感が得られず、食事の代わりにはなりません

 

また、身体にとって悪い影響はないのか、続けられるかどうか心配になることもあるでしょう。

 

3.青汁をダイエットに取り入れるときのキホン

青汁をダイエットに取り入れるときのキホンと看護師が言っている画像

 

まずは、青汁をダイエットに活用するための基本をおさえ、上手に活用する方法を検討してみましょう。

 

青汁とはどんなものでしょう。

 

青汁の原料で代表的なものは、ケールや明日葉、大麦若葉で、どれも古くから日本にある植物で、緑黄色野菜として栄養価が高いものです。

 

具体的には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素がふくまれます。

 

もちろん、青汁では摂れない栄養素は多いため、食事を基本としながら不足しがちな分を青汁で補うなど、食生活の改善を目指す手段としてうまく活用するのが良いでしょう。

 

4.ダイエットで効果が出る条件とは

ダイエットで効果が出る条件とはと看護師が言っている画像

 

これまで、食事を制限し、カロリーを抑える、またはなにかで置き換えるという方法を試したけれど失敗したという人は多いのではないでしょうか。

 

たとえば、「食事を制限しているのに思うように結果がでない」「誘惑に勝てずに途中で断念」「はじめは効果があったけどリバウンド」「体調をくずした」ということは良く耳にします。

 

このような例では、やせる条件が整っていなかったことが考えられます。

 

単純に、摂取カロリーが運動や活動による消費カロリーを下回ればやせます。

 

ただし、やせる条件はそれだけではありません。

 

以下のような、やせにくい生活スタイルを見落としていませんか?

 

●栄養バランスの偏り

  • 朝食は食べない。もしくは、おにぎりやパンなどの主食だけ
  • 特定のものばかり食べる、または食べない
  • 頑張ったご褒美に、「少しだけ」のおやつ習慣がやめられない

 

●脂肪をため込みやすい生活

  • 忙しく、食事の時間が不規則なため、空腹が続いた後に急激に食べることがある
  • 夕食の時間が遅く、夕食後の2時間以内に就寝することがある
  • 便秘である。もしくは、排便があってもすっきりしない
  • 決まったタイミングでトイレに行く習慣がない

 

●運動不足やストレス

  • 運動が苦手、もしくは興味がない、習慣がない
  • デスクワークが中心で、通勤・通学もほとんど歩かない
  • ストレスフルな生活や、仕事のオンオフの切り替えが苦手

 

5.やせやすい条件を整える青汁

痩せやすい条件を整える青汁と看護師が言っている画像

 

基本は食事からですが、ダイエット中は食べ控えてしまうことで、やせるために必要な栄養素まで控えてしまうこともあります。

 

青汁に含まれていて、ダイエットにも必要な栄養素を紹介します。

 

●ビタミンB1

糖質をエネルギーに変えるときに必要です。

 

不足するとエネルギーの効率が悪くなり、疲れやすくなります。

 

●ビタミンB2

脂質をはじめ、糖質、たんぱく質の代謝を助けます。

 

過労などで疲れているとき、ビタミンB2がより多く必要になります。

 

●抗酸化ビタミン

βカロテン、ビタミンE、ビタミンCなど。

 

ストレスを受けると、とくにビタミンCがより消費されることになります。

 

●カルシウム

不足しがちなミネラルの一つですが、ストレス負荷が多いときには、ストレスホルモンの影響で尿中にカルシウムが排泄されてしまいます。

 

●食物繊維

食後に血糖値の上昇が激しいと、脂肪が蓄積しやすくなります。

 

糖質より先に水溶性食物繊維を摂ると、血糖値の上昇を穏やかにします。

 

●難消化性デキストリン

水溶性食物繊維の一つとして青汁に添加されていることがあります。

 

腸の調子を整えたり、食後の血糖値の上昇をおさえるなどの働きがあります。

 

●オリゴ糖

青汁に添加されていることがあります。

 

食物繊維や難消化性デキストリンとともに、腸内細菌を整え、便秘の改善に働きます。

 

逆に、おなかが緩くなってしまうこともあります。

 


 

青汁に含まれる栄養素の種類や量は、製品によって違いますので、必ず自分の目で確かめてみましょう。

 

ときには、ダイエットの目標を高く設定しすぎていることが原因で、結果がでないということもあるでしょう。

 

まずは、無理のない目標を設定することも重要です。

 

そして、ダイエットをする際は、生活習慣を見直して改善することを意識しましょう。

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:助産師 保健師 看護師 座波朝香

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

・株式会社とらうべ

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

The following two tabs change content below.
座波朝香

座波朝香

【保有資格:助産師/保健師/看護師】今ある自分の健康を過信せず、折に触れて変わりゆく自分の身体を理解し、大切にしようと思ってもらえるような記事作成を心がけています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. ダイエット
  4. ≫ 【看護師が暴露!】青汁とダイエットの関係に迫る!