1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. ≫ 耳が痛い

【耳が痛い・・・】原因と対処法を保健師が解説!



 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

助産師 保健師 看護師 座波朝香 (株式会社とらうべ)

 

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

※本記事は、看護師の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

ふとしたときに「耳が痛い!」という経験はありませんか?

 

その痛みは内側でしょうか、外側でしょうか?

 

大切な耳ですから、「病気なの?」と不安ですよね。

 

耳が痛いときの原因と、適切な解消法と対策を伝授します!

 

2.耳のどこが痛いのか?

まず、耳のどこが痛いのかということはとても重要なことです。

 

どこが痛いかによって、考えられる原因や解消法が違うからです。

 

実は、皆さんが「内側」と思っている部分、医学的には「」と呼ぶことがあり、間違えがちなのです。

 

そこで、まずは耳の各パーツ別の呼び名について、押さえておきましょう。

 

●耳の外側

・「耳介じかい)」と呼びます。

・顔の横に貝のように開き、目に見え手で触れる部分。

・音を集めるところ。

●耳の内側[入り口]

・「外耳道がいじどう)」と呼びます。

・耳の穴のことで、見えないが自分で耳掃除ができる限界の部分。

・穴の突き当りに「鼓膜こまく)」がある。

●耳の内側[奥側]

耳の穴より奥は「中耳ちゅうじ)」「内耳ないじ)」と続いています。

 

3.~耳の内側が痛い!~ その原因と症状は?

耳が痛いというときには、内側の痛みのことをいう場合が多いものですね。

 

耳の内側の痛みの原因には以下のようなことがあります。

 

○寒くて耳や顔が冷えた

肌が冷たい空気や風にさらされて冷やされて、「痛い」と感じたことはありますよね?

 

耳も同じことで、顔や耳が冷やされたときに神経が受け取った「冷たい」という刺激を「痛い」と受け取ることがあります。

●症状 

・耳全体がキーンとする痛み。

・冷たいかき氷を食べたときのような頭の痛みと同じような感覚。

・耳や顔の皮膚は冷たく、温まるにつれ痛みは治まる。

 

○気圧の変化

飛行機や、高層ビルのエレベーターに乗っているときに感じる痛みです。

 

気圧が一気に変化することで、鼓膜が動く痛みと考えられています。

●症状

・キーンとするような痛み。

・耳が詰まったような感じ。

 

○耳かきし過ぎ・外耳炎

耳垢を取り除こうと、耳の穴に耳かきや綿棒入れて、ごしごし掃除をしていると、思いがけず傷を作ってしまうことがあります。

 

その他にも、いたずらで耳に物を入れてしまったり、虫が入り込んでしまったり、また、耳に水が入ることが続くと、炎症(外耳炎)を起こしてしまっている可能性があります。

●症状

・耳穴の痛み。

・耳を引っ張ると増す痛み。

・痛い側の耳を下にして寝るなど圧迫すると増す痛み。

・耳の穴に異物がある感じがする。

・耳だれが出て耳穴がジクジクする。

 

○中耳炎

耳が痛くなる前のど風邪や、鼻風邪をひいていたという心当たりはありませんか?

 

細菌やウイルスが耳の奥に感染することで、炎症が起こって痛みが出ます。

 

耳の外から水が入ることは関係がないとされていて、鼻から耳へと菌やウイルスが入り込んでしまうことで感染が起こります。

●症状

・耳の中に強い痛み。

・耳だれがでる。

・聞えづらく、詰まった感じがある。

・熱が出たり、ひどいと耳から膿が出たりすることもある。

 

○顎関節症

顎の関節に起こった痛みが、顎の近くである耳にまで通じてしまって痛みが出ます。

 

この場合、耳そのものには病気がありません。

●症状

・とくに口を開けたときに耳が痛い。

・口を開けるときに顎がコリッとひっかかる感じがある。

○水痘・帯状疱疹ウイルスへの感染

子どもの頃に感染した水ぼうそうのウイルスが、顔から耳にかけての神経にずっと潜んでいて、大人になってから発症し、耳に痛みが出ます。

 

治療が遅れると、脳障害などの後遺症が残る可能性があります。

 

強く続く痛みには要注意で、早めの対処が必要です。

●症状

・刺すような耳の周りの強い痛み。

・耳の痛みの後に顔の麻痺がおこる。

・耳介の赤みや水ぶくれ(水疱)、めまいや頭痛が起こることも。

 

4.~耳の内側が痛い!~ あなたの原因別対処法

あなたの耳の痛み、心当たりのある原因は見つかりましたか?

 

それぞれの原因別の対処法を紹介します。

 

○寒くて耳や顔が冷えたとき

冷えを予防するため、以下の対策をとってみましょう。

 

  • 耳あてや帽子で耳を覆い冷たい空気を避ける
  • 1分ほど手のひらで耳全体を覆って冷たくなった耳を温める

 

○気圧の変化

気圧の変化には、以下の3つの対策をとってみましょう。

 

  • 唾をのみこむ
  • 痛くない程度に口を大きく開け、あえてあくびをする
  • 飴をなめる

 

飛行機山登りなどをする際などに、気圧の変化を感じやすい人は、飴をもっておくと良いですね。

 

○耳かきのし過ぎや外耳炎

耳垢は、新陳代謝によって自然に外に排出される機能が、ヒトには備わっています。

 

頻繁に耳かきすることで、かえって耳垢を奥に押し込めてしまったり、耳の中を傷をつけてしまいます。

 

耳垢がどうしても気になる場合は、綿棒で、入口付近をくるりと一周する程度で十分です。

 

既に傷や痛みが出てしまった場合は、以下気をつけましょう。

 

  • 外側により近い穴にできた傷であれば、かさぶたになって自然にはがれるまで待つ
  • 外耳道に出来るだけ水分が入らないようにする
  • 横向きに寝るときには、痛い方が上になる向きで、なるべく圧迫しないようにする

 

痛みが激しい場合や、耳だれがあれば、なるべく早めに耳鼻科を受診しましょう。

 

○中耳炎

中耳炎は、鼻風邪から感染してしまうことが多いので、以下気をつけましょう。

 

  • 風邪を長引かせない
  • 鼻水や鼻づまりをそのままにしておかない
  • 鼻を強くかんだり、すすったりしない

 

発熱痛み止めを使うほどの痛み聞こえづらさがあれば、すぐに受診しましょう。

 

○顎関節症

まず、顎関節症の治療を優先にするため、口腔外科へ受診しましょう。

 

急に大きく口を開けたりせず、痛む場合は温めましょう。

 

○水痘・帯状疱疹ウイルスへの感染

他の人に感染する可能性や、悪化して後遺症が残る可能性があるため、放置せず、疑いを感じた場合はすぐに受診しましょう。

 

特に、顔の麻痺耳の湿疹頭痛めまいが出ているときには、急いで受診します。

 

○やってはいけないことまとめ

耳の内側が痛いときに、受診をして原因がはっきりするまで、もしくは症状が落ち着くまで、以下のようなこと避けましょう。

 

  • 炎症を悪化させる原因になるため、ジクジクするからといって綿棒で拭こうとしない
  • 痛みがあるとき、むやみに触らず、耳栓やイヤホンも使わない
  • 炎症を強める可能性があるのでお酒飲まない
  • 続く痛みの場合は速やかに受診し、一週間も放置しない

 

5.~耳の外側が痛い!~ その原因と症状は?

耳の外側、つまり耳介が痛いときには、見た目にわかる症状も多いものです。

 

耳の外側が痛いときに考えられる原因は以下のようなことがあります。

 

○粉瘤(ふんりゅう)

耳の皮膚の垢や皮脂による腫瘍です。

 

腫瘍といっても良性のもので吹き出物のような感じです。

 

ニキビとの違いは、皮膚の中に埋もれていることです。

●症状

・腫れと痛み。

・中心に黒い芯が埋もれているように見える。

・小さいうちは痛みが無く気づかないことも。

 

○耳介軟骨膜炎

耳介は薄い皮膚とその下には軟骨があります。

 

ピアスの穴や、虫刺されの傷跡から感染し、耳介の全体に炎症が広がって痛みが出ます。

●症状

・耳介の腫れ

・痛みや赤み

・耳に熱を持つ感じ。

 

○耳の皮膚にできたニキビや傷

耳に傷やニキビがあれば、痛みの原因として一目瞭然でしょう。

 

耳介には溝があるので汚れが溜まりやすく、さらに、耳穴の表面には皮脂を出す穴(皮脂腺)もあるので、不潔になりがちで、意外にもニキビができやすい場所です。

●症状

・赤みのあるふきでもの。

・痛み。

 

6.~耳の外側が痛い!~ あなたの原因別の対処法

耳の外側の痛み、心当たりのある原因は見つかりましたか?

 

ここで、原因別の対処法を紹介します。

 

○粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤が出来てしまった場合、以下に気をつけましょう。

 

  • 帽子や耳当てがあたって痛むようなら着用を避ける
  • 枕カバーなど寝具を清潔にする
  • シャワー時に泡で優しく洗って、洗い残しのないようにしっかりすすぐ


腫れ赤み痛みがひどく、見た目に気になるほどの大きさであれば皮膚科等を受診しましょう。

 

○耳介軟骨膜炎

耳介軟骨膜炎になっている場合は、ひどくなると熱を持ち激しく痛むので、早めに受診しましょう。

 

受診する前の対処法は以下の通りです。

 

  • タオルに包んだ保冷材などで冷やす
  • 清潔を保つために、泡で優しく洗って、洗い残しのないようにしっかりすすぐ

 

○耳の皮膚にできたニキビや傷

切り傷や擦り傷などができたときは、まずは清潔にして、あまり触らないようにしましょう。

 

ニキビが出来てしまった場合は、枯れるのを待ちましょう。

 

ニキビ用の塗り薬を試す(ニキビの原因菌の増殖を抑える抗菌薬や、炎症を抑えるステロイドなど)のも良いでしょう。

 

○やってはいけないことまとめ

耳の外側の痛み、症状が落ち着くまで、以下のようなことはやめておきましょう。

 

  • むやみに痛みがあるところを触らない
  • できものを自分でつぶさない

 

7.まとめ

耳の痛みの原因は、日常の些細な事から重症化してしまう可能性があるものもあります。

 

症状も、ちょっとした痛みから、強い痛みまで程度が様々ですが、痛みがあることを放置してはいけません

 

痛みを放置して音を失ったり、後遺症が残るようなことが無いように、「耳が痛い!」と感じたら、きちんと受診して対処していきましょう!

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:助産師 保健師 看護師 座波朝香

病院産婦人科勤務を経て、株式会社とらうべ社員。育児相談や妊婦・産婦指導に精通。

・株式会社とらうべ

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。