1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. 頭痛
  4. ≫ 【看護師が解説】緊張性頭痛のよくある原因と治し方は?

【看護師が解説】緊張性頭痛のよくある原因と治し方は?

  • 最終更新日:2018年6月22日
  • 136ビュー

 

緊張性頭痛についての画像

 

監修者・女性

この記事の監修専門家

助産師、看護師 南部 洋子 (株式会社とらうべ)

株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。

※本記事は、看護師の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

1.はじめに

辛い頭痛、繰り返していませんか?

 

病気等が隠れている危ない頭痛もありますが、頭痛のほとんどが実は緊張性頭痛といわれています。


今回は、慢性頭痛の中でも最も多い「緊張性頭痛 」のことを解説します。

 

2.緊張性頭痛ってどんな頭痛?

緊張性頭痛は、年齢に関係なくどの層でもおき、時々頭痛が起こるタイプと、毎日頭痛が続くというタイプがあります。

 

緊張性頭痛の特徴についての画像

 

一般に、緊張性頭痛の特徴は次のようなものがあります。

 

●緊張性頭痛の特徴

  • 男性より女性のほうが多い傾向にある
  • 頭の両側が痛い
  • 運動をするのが苦手であまり身体を動かさない人に起こりやすい
  • 仕事は我慢すれば続けられる
  • 数十分から数日間、ダラダラ続く痛みである
  • 体を動かしても痛みは強くならない
  • 吐き気・吐いてしまうことはない
  • 頭の後ろを押すと楽になる
  • 入浴、軽い運動をすると楽になる
  • 睡眠、休養をとると楽になる

 

 

3.緊張性頭痛の原因は?

緊張性頭痛は別名「ストレス頭痛」「肩こり頭痛」とも呼ばれています。

 

カラダやココロのストレス首や肩の筋肉を必要以上に緊張させ、血液の流れが悪くなって、この頭痛は起こります。

 

緊張性頭痛になりやすい人についての画像

 

次のような人に、緊張性頭痛は多いとされています。

 

●緊張性頭痛になりやすい人

  • デスクに向かっていることが多い
  • 根をつめて仕事をするタイプ
  • 下ばっかり向いて仕事をしている
  • 運動をする習慣がない
  • 不安や緊張を感じることが多い

 

たとえば、仕事でプレゼンをする前に起こる緊張恋人との関係の不安家族間の人間関係がうまくいかない落ち込みなど、また運動不足うつむく姿勢が多い口やあごの働きに異変が起こった時などになりやすい頭痛といわれています。

 

4.緊張性頭痛の症状はどんなもの?

一般的には、次のような症状が多いとされています。

 

頭痛により頭を抱えている男性の写真

 

●緊張性頭痛の症状

  • 頭がギューッと締めつけられるような状態が続く
  • 繰り返し頭痛が起こる
  • 頭の後ろから首筋にかけて凝った感じがある
  • 次第に頭のてっぺん(頭頂部)にまで広がってくる
  • 時々しか起こらなかったのに、段々毎日のように繰り返す
  • 「頭痛持ち」と言われるような常に頭が痛い状態になる

 

5.緊張性頭痛が起こった時の対策は?

緊張性頭痛を和らげるのに、次のようなことが効果的です。

 

●体を動かす

頭痛が起きた時や起きそうなとき、次のような軽い運動をしてみましょう。

 

すると、血液の流れ(血行)がよくなり、痛みも和らぎます。

 

①.両肩を思い切り上げて、それをストンと落とす。10~20回行う。

 

全身を使ったストレッチについての画像

 

②.首を左右に倒す。肩の力を抜いて、ゆっくりと左右5~10回行う。

 

首のストレッチ

 

③.椅子に浅く腰かけて脚を前に伸ばす。両肩の力を抜いて首を前に倒す。

5~10回行う。

椅子を使ったストレッチ

 

●身体を温める

身体を温めるために半身浴している画像

 

家にいるときには首や肩の筋肉の凝りをとるため、入浴半身浴肩を蒸しタオルで温めたりするなど、血行を良くしましょう。

 

●気分転換をする

気分転換をしている画像

 

仕事中などに頭痛が始まったときには、仕事場から離れて休憩をとりましょう。

 

その際、温かいものを飲む、深呼吸をするなどして気分転換を図ります。

 

6.緊張性頭痛を予防しよう

緊張性頭痛を起こさないようにしたり、重くしないようにするには、次のことに気をつけて家事や仕事を行うとよいでしょう。

 

●長時間同じ姿勢をとらない

同じ姿勢で長時間の作業をしていると、筋肉が凝って緊張性頭痛がひき起されます。

 

両手をあげて手を組み上に伸ばすストレッチをしている画像

 

1時間おきに背筋を伸ばして姿勢をただす両手をあげて手を組み上に伸ばす、といったストレッチや体操を取り入れてみましょう。

 

●筋肉をほぐす

首や肩の筋肉の緊張を取り除くようなストレッチをしてみましょう。

 

筋肉をほぐすストレッチをしている画像

 

●筋肉をほぐすストレッチ

  • 両手を背中側で組む
  • 組んだ手をまっすぐ遠くへ伸ばす
  • 組んだまま頭を足先に向かって下げる

ゆっくり5回 朝、寝る前に行ってみましょう。

 

また、散歩ジョギング水泳など適度な運動を取り入れることも、効果的な予防になります。

 

●枕の高さを見直す

自分にあった高さの枕で寝ている男の人の画像

 

高すぎたり低すぎたりする枕柔らかすぎる枕は首の負担になり、首の筋肉を緊張させます。

 

それが緊張性頭痛をひき起こしますから、自分に合った枕を選ぶことは大切です。

 

●ストレス発散、ゆとりを持つ

ストレスを全く受けないようにするのは難しいことなので、たまったストレスを発散するようにしましょう。

 

ストレス発散方法例の画像

 

たとえば、カラオケで大きな声で歌う海や山に行って自然に触れる気の合った友人たちとおしゃべりをする趣味に没頭するゆっくりグッスリ眠るなど、自分に合ったリラックス法を見つけましょう。

 

リラックスできると気持ちも楽になります。

 

7.頭痛外来を受診してみよう

これまでお伝えしたような対応をしても頭痛が改善されない場合、頭痛外来などを受診してみましょう。

 

自分の症状を医師に伝えて理解してもらうのは、難しいものがあります。

 

あらかじめ次のようなことを書き出して、病院にもっていくとよいでしょう。

 

●頭痛の症状

  • いつ頃から頭痛が始まったか
  • 痛む部位、痛み方、頭痛以外に何か症状があるか
  • 痛みの前触れがあるかないか
  • 頭痛が起こっている時間、頻度など

 

●頭痛の時、どうすると楽になるか

  • 冷やしているか温めているか
  • 体を動かしているか安静にしているか
  • 家族などに頭痛もちがいるか

 

8.最後に

緊張性頭痛は何らかのストレスから起こっているものなので、日常生活で注意をすると、予防できる頭痛です。

 

適度な運動や十分な睡眠はもちろん、食事はバランスのよいものをゆっくり噛んで食べるなどして、頭痛を起こさない工夫をしてみましょう。

 

※この記事を監修して頂いた専門家の方

女性ドクター 監修:南部 洋子(助産師、看護師)

●資格:助産師・看護師・タッチケアシニアトレーナー
株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。
※監修している内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、監修者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

The following two tabs change content below.
南部 洋子

南部 洋子

【保有資格:看護師/助産師】医療職としての視点をわかりやすく解説し、読む人にとって納得のいく記事になればと思っています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. 頭痛
  4. ≫ 【看護師が解説】緊張性頭痛のよくある原因と治し方は?