1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. 妊娠の悩み
  4. ≫ 【助産師が解説!】妊娠前にやって良いこと悪いこと

【助産師が解説!】妊娠前にやって良いこと悪いこと

  • 最終更新日:2018年6月22日
  • 68ビュー

 

助産師が解説!妊娠前に、やって良いこと悪いことと助産師が言っている画像

 

監修者・女性

この記事の執筆専門家

看護師 助産師 青井梨花 (株式会社とらうべ)

 

株式会社 とらうべ 社員。病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験がある助産師。現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。

※本記事は、助産師の方に執筆いただいたものを健康チョキンにて編集しております。

 

●はじめに

妊娠を考えたとき、「これはやって良いこと?」「あれをやっては良くないの?」と迷うこともあるでしょう。

 

妊娠しやすいカラダづくりのために、ぜひ優先して注目してほしい「やって良いこと」を、「悪いこと」を×として、カラダを整えるために気をつけたら良い点について解説します。

 

●朝食は摂らないことが多い

朝食は摂らないことが多いと助産師が言っている画像

 

回答:✕

 

妊娠しやすいカラダづくりのために、まずは、健康なカラダづくりからはじめましょう。

 

そのためには、1日3食摂ることが基本です。

 

毎食、健康なカラダづくりに必要な、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミンやミネラルといった栄養素を、いろいろな食品からバランス良く摂るように心がけましょう。

 

また、不規則な生活は、体内リズムが乱れ、ホルモンバランスが崩れる原因のひとつになります。

 

朝・昼・夕、毎日なるべく同じ時間帯に食事を摂ること、早寝早起きすることなど、生活リズムをととのえ規則正しい生活を送ることは、カラダのリズムをととのえる上でとても重要です。

 

葉酸はサプリメントから摂る

葉酸はサプリメントから摂ると助産師が言っている画像

 

回答:◯

 

妊活中はもちろん、妊娠の可能性のある女性がとくに意識して摂りたい栄養素のひとつに葉酸があります。

 

葉酸が妊娠初期に不足していると、胎児の成長の過程で、神経管の閉鎖障害という先天的な病気のリスクが高くなるといわれています。

 

神経管は、妊娠6週末には完成しますので、少なくとも妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が推奨されています。

 

のりや納豆、いちごなど、葉酸を多く含む食品を意識して摂ることが基本です。

 

ただ、食品中の葉酸の特長には、調理の際、水に溶けやすく栄養を損失しやすいことや、体に吸収されにくいことがあります。

 

一方、栄養補助食品に使用される葉酸の成分は、食品からの葉酸摂取より、効率よく体内に吸収できるという利点があります。

 

ですから、とくに葉酸が必要な妊娠前から妊娠初期にかけては、いつもの食事から240㎍分多く葉酸を摂取することにプラスして、サプリメントなどの栄養補助食品から1日400㎍の葉酸を摂るよう、厚生労働省でも推奨しているのです。

 

ただし、1日あたりの葉酸摂取量は、20代で900㎍、30代以降で1000㎍を超えると、過剰摂取となります。

 

とくにサプリメントの摂取には、用量・用法を守るようにしましょう。

 

★葉酸サプリを徹底比較!ランキングにしました★

 

●「〇〇だけ」など、ストイック過ぎるダイエット

「〇〇だけ」等ストイック過ぎるダイエットと助産師が言っている画像

 

回答:✕

 

過激なダイエットによって、体脂肪率が極端に下がり、適正体重より大きくやせ過ぎた場合、ホルモンバランスに影響し、月経異常(月経不順・排卵障害・無月経など)を引き起こしてしまいます。

 

また反対に、肥満の場合にもホルモンバランスが乱れ、同じように月経トラブルが起きやすくなります。

 

妊娠した場合、妊娠前から肥満だと、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などの合併症や難産のリスクなどが増えるともいわれます。

 

また、妊娠前から母体がやせ過ぎで、妊娠中の体重増加量も少ないと、赤ちゃんが低体重になりやすく、大人になると生活習慣病になるリスクが増すということも最近わかってきています。

 

まずは、身長と現在の体重から自分の適正体重を確認しましょう(体格指数BMI=体重kg÷身長m÷身長m:やせ≦18.5・肥満≧25)。

 

バランス良く3食摂りながら、徐々に体重コントロールをして、適正体重を目指し、妊娠に備えましょう。

 

妊娠がわかるまではタバコを吸っていてもよい

妊娠がわかるまでは、タバコを吸っても良いと助産師が言っていて、妊婦が✕と答えている画像

 

回答:✕

 

私たちのカラダにとっていろいろな悪影響を及ぼすタバコ。

 

喫煙の影響のひとつとして、不妊率の増加や、妊娠したとしても自然流産率が非喫煙者に比べても高いといわれます。

 

また、タバコに含まれる化学物質のニコチンには、末梢血管を収縮させる作用があります。

 

妊娠すると赤ちゃんに栄養や酸素を送るための胎盤やへその緒(臍帯)の血管にも作用し、赤ちゃんの成長を妨げるため、低出生体重児となるリスクが高いともいわれます。

 

また、喫煙は、SIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす危険因子が指摘されています。

 

タバコには強い依存性や習慣性があり、禁煙を試みてもまた再開してしまうケースも多いものです。

 

ですから、妊娠を考えたときが、禁煙のチャンスです。

 

受動喫煙も同じ影響があるといわれていますから、パートナーが喫煙者の場合にも、ぜひ一緒に禁煙を考えてもらいましょう。

 

●健診や予防摂取を受けておく

健診や予防接種を受けておくと助産師が言っている画像

 

回答:◯

 

妊娠しやすいカラダづくりには、自分のカラダのことを把握しておくことが大切です。

 

万が一、病気にかかっていると、妊娠したとしても継続が難しくなる場合もあります。

 

一般的な健康診断はもちろん、子宮がん検診や乳がん検診など、女性特有の病気や感染症の有無を診る婦人科検診も、合わせて妊娠前に受けておきましょう。

 

また、風疹や水痘などの感染症にかかったことはありますか?

 

または、予防接種は済んでいますか?

 

妊娠中にかかると、母体が重症化したり、胎児にも影響がでる可能性があります。

 

まだであれば、妊娠前にパートナーも一緒に、ぜひ予防接種を受けておきましょう。

 

胎児への影響があることを考え、妊娠中の接種は避けましょう

 

予防接種前1ヶ月、また、接種後2ヶ月は避妊することが望ましいとされています。

 

※この記事を執筆いただいた専門家の方

女性専門家

執筆:看護師 助産師 青井梨花

株式会社 とらうべ 社員。病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験がある助産師。現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。

●株式会社とらうべ

ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。

 

※執筆内容についてはあくまで一般論に関してであり、具体的症状についての説明や診断を行うものではありません。また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

 

The following two tabs change content below.
青井梨花

青井梨花

【保有資格:看護師/助産師】読む方の気持ちや思いに寄り添えるような記事作成を心がけています。

この記事の執筆監修者の保有資格・企画 :

  1. 健康チョキンTOP
  2. 悩み・症状から原因と改善策を知る
  3. 妊娠の悩み
  4. ≫ 【助産師が解説!】妊娠前にやって良いこと悪いこと